お腹を使うとはどういう状態?ヨガとお腹にまつわる素朴な疑問5つ

Sayaka Ono

お腹を使うとはどういう状態?ヨガとお腹にまつわる素朴な疑問5つ

ヨガのポーズは柔軟性に注目しがちですが、お腹の筋肉も鍛えるべき?鍛えるとどんないいことがあるの?読者が知りたいあらゆるお腹の疑問を3人のヨガティーチャーが解決します。今回のテーマは「ヨガとお腹の関係」。ヨガスタジオでよく耳にする「お腹を使う」意味などをご紹介します。

ヨガとお腹にはどういった関係があるの?

そもそもなぜヨガに腹筋が必要なのでしょうか。インナーとアウターの役割の違いについても先生たちに伺ってみました。

Q.ヨガではお腹がなぜ大切なの?

A.ヨガで目指す「心の安定」が得られます

ヨガで使うお腹の筋肉は胴回り全体の筋肉。アウターとインナーの両方を指します。お腹の筋肉が強くなると姿勢が安定し、「腹が据わる」という言葉どおりヨガ本来の目的である「心の安定」にもつながります。(乳井先生)

パカーサナ
photos by  Sayaka Ono

A.姿勢を整えやる気と集中力を生み出す!

腹筋が弱く反り腰になると、ホルモンの分泌を担う副腎が圧迫され、アドレナリンの分泌が低下。強いお腹は正しい姿勢を保つだけでなく、やる気や集中力にも影響します。(ゴウ先生) 

「ヨガとお腹」素朴な疑問Q&A
photos by  Sayaka Ono

A.腰を守り、内臓が活性化して健康をサポートします

お腹のインナーを鍛えると、腰椎を支えるコルセットの役割を果たしポーズでの腰の負担を軽減。姿勢が良くなり、猫背による圧迫も解消され胃腸が元気になります。(楠原先生)

「ヨガとお腹」素朴な疑問Q&A
photos by  Sayaka Ono

Q.お腹のインナーマッスルが大切な理由は?アウターと何が違うの?

A.インナーは体の中心を通る「しなやかな中心軸」

どちらも上半身と下半身をつなぐ筋肉ですが、たとえるならインナーは体の中心を通るしなやかなゴム芯、アウターは表層部をつなぐテープのような筋肉。中心軸が強いほど衝撃を吸収し姿勢を保てます。(楠原先生)

インナーは体の中心をとおる筋肉

三角のポーズ
photos by  Sayaka Ono

アウターは表層部を繋ぐ筋肉

三角のポーズ
photos by  Sayaka Ono

A.インナーが強くなるとアウターの力みが抜けてポーズが深まる 

アウターだけでバランスをとろうとするのは力みのもと。インナーが使えるとアウターの力みが抜けて無理なくポーズを維持でき、呼吸が深くラクになります。(ゴウ先生)

Q.お腹のインナーマッスルが鍛えられたかどうかは、どうすればわかりますか?

A.背すじを伸ばした良い姿勢を日常生活でラクに続けられるように

背すじを伸ばした状態を続けても、肩やお腹まわりに力みを感じたり疲れたりしなければ◎。強くなったインナーで体をしっかり支えられているといえます。(ゴウ先生) 

A.電車でグラつかずに立っていられます

電車の中で何もつかまらずに立ち、突然の揺れでよろけなければトレーニングの効果あり。上半身と下半身をつなぐ強くしなやかなインナーマッスルを手に入れた証拠です。(楠原先生)

ポーズで体幹を真っすぐキープできるようになります

インナーは収縮状態を「キープ」する役割なので、強くなった感覚がつかみづらいもの。 たとえば、体幹に負荷がかかるプランクポーズなどでお腹がたわまず真っすぐキープできるようになれば鍛えられています。(乳井先生)

インナーが鍛えられていない:お腹がたわみ、真っすぐキープができない

プランク
photos by  Sayaka Ono

インナーが鍛えられている:お腹がまっすぐの状態をキープできている

プランク
photos by  Sayaka Ono

Q.どのポーズでもお腹の筋肉を使うの?

A.脱力系、重力に頼る系では使いません 

ポーズの多くはお腹の筋肉を使いますが、チャイルドポーズ、ワニのポーズ、シャヴァーサナなどのリラックスポーズは例外。脱力したり、重力にまかせてポーズを深めるので、お腹の筋肉は使いません。(乳井先生

チャイルドポーズ

チャイルドポーズ
photos by  Sayaka Ono

ワニのポーズ

ワニのポーズ
photos by  Sayaka Ono

シャヴァーサナ

シャヴァーサナ
photos by  Sayaka Ono

教えてくれたのは
乳井真介先生…
リラヨガ・インスティテュート主宰。伝統的なヨガと現代的なヨガを自由自在に使いこなす。一般向けレッスン、ティーチャートレーニングと幅広く活動している。 

佐藤ゴウ先生…IHTA理事、ヨガインストラクター。YMCメディカルトレーナーズスクールにて各クラス、 養成コースを担当。ヨガ哲学を伝え、心身の繊細な感覚を見つめる「感じるヨガ」を展開。 

楠原宏子先生…ヨガインストラクター。UTLにて一般クラスとティーチャートレーニングの講師ほか、クランティ先生のマイソールクラスでアシスタントと代行を務める。 

photos by Sayaka Ono
text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.63掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

パカーサナ
「ヨガとお腹」素朴な疑問Q&A
「ヨガとお腹」素朴な疑問Q&A
三角のポーズ
三角のポーズ
プランク
プランク
チャイルドポーズ
ワニのポーズ
シャヴァーサナ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する