中米一美しい湖のほとりで出会った幸せな暮らし|6年間世界を旅した夫婦の記録Vol.3

旅する鈴木

中米一美しい湖のほとりで出会った幸せな暮らし|6年間世界を旅した夫婦の記録Vol.3

「死ぬまでに世界を見ておきたい」夫の熱い思いから始まった、世界を旅する夫婦の暮らし。ふたりが旅先で出会ったものとは。そして旅を続ける理由とは。ヨガインストラクターで旅した先でヨガする妻と、映像と写真で旅を記録する夫によるユニット「旅する鈴木」6年間の旅の記録を、不定期連載でお届けします。

喧騒から逃れてサンペドロへ

メキシコの南に位置するグアテマラ。ここに中米一美しいと言われている「アティトラン湖」があり、そのほとりに小さな町、サンペドロ・ラ・ラグーナ(以下サンペドロ)はあります。クリスマスからお正月にかけて、メキシコでも日本同様交通渋滞が起こる。その前にどこかに移動をして、正月過ぎまでゆったり過そうと考えてた時におススメされたのがここ。メキシコで出会う旅人が皆口々にここは行くべきと教えてくれました。「僕は長居したくて帰りの飛行機チケットを破棄したよ」と明るく話す青年も。

旅する鈴木
Photo by TABISURUSUZUKI

密入国?初の国境越え

まずはメキシコからグアテマラへ行くには国境越えが待っています。私は陸地の国境越えは初めてでドキドキ。国境越えはトラブルがあるもの。緊張です。ついたのは川。どうやら川を下っての国境越えのようで、どんな立派な船に乗るのか楽しみにしていたのですが、目の前にあるのは公園にある手漕ぎボートをちょっと大きくしたようなボロ目なボート。まさか...とは思ったけど案の定このファミリーボートで入国するらしい。初の国境越えは、まるで密入国のようでした。

旅する鈴木
Photo by TABISURUSUZUKI

ちょっとでも騒ぐと落ちてしまいそうな不安定さの船に乗り、川の水をバチャバチャにかぶりながら渡りました。次は入管管理局。すでに入国するのにお金がいるやらいらないやらで、外国人とぎゃあぎゃあ揉めています。入国管理局の職員なのに、払うべきなのか払わなくていいのか、何が正しいのかがハッキリしていない模様。世界は案外ゆるいんだと、初めて知りました。ゆるいので、私達はお金を払わずすんなり入国。

中米一美しいアティトラン湖のほとりの町

バスを乗り継ぎ、船に乗り、ついに到着!

旅する鈴木
Photo by TABISURUSUZUKI

これが街の至る所から眺めることができるアティトラン湖。日中も太陽に照らされ輝き、夜は街明かりが少ないので、星空がとても綺麗に見えます。満月の夜は、月が水面に映ってとても幻想的な美しさです。家は山沿いにたくさん並んでいます。

旅する鈴木
Photo by TABISURUSUZUKI

マヤの人々の伝統的な生活が残る町

美しい湖というのは世界中どこにでもあります。ここが美しいと言われるのは、その周りに住むマヤの人々の昔ながらの生活を感じれるからだと思いました。

旅する鈴木
Photo by TABISURUSUZUKI

ここに住んでいる人たちは殆どがマヤの末裔の人。浅黒い肌に大きな瞳。男の人は普通の服ですが、女の人は黒い髪をおさげに結い、民族の刺繍の入ったロングスカートをはいています。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

旅する鈴木
旅する鈴木
旅する鈴木
旅する鈴木
旅する鈴木
旅する鈴木
旅する鈴木
旅する鈴木
旅する鈴木
旅する鈴木
旅する鈴木
旅する鈴木
旅する鈴木
旅する鈴木
旅する鈴木
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する