人気ヨガ講師に学ぶ強みと個性を活かすヒント|首藤瑞希先生の場合

Shoko Matsuhashi

人気ヨガ講師に学ぶ強みと個性を活かすヒント|首藤瑞希先生の場合

リピートする生徒がどんどん増えていく先生になるにはどうすればいいの?いまトップクラスの人気を誇る先生たちの、魅力の秘密に迫ります!今回は、ゴールドジムはじめ大手フィットネススタジオでレッスンを持つ人気インストラクター首藤瑞希先生をピックアップ!

大手フィットネスジムでリピート必至の人気講師、首藤瑞希先生

「スクールで資格を取ったものの、最初はどうしたらヨガを仕事にできるかわかりませんでした」と話す首藤瑞希先生。ティーチャートレーニング同期の紹介で初レッスンを担当した後、ヨガ関係のパーティーなどで人脈づくりに励み、人とのつながりで活動の場を広げていったそう。今やゴールドジムをはじめ、大手フィットネスクラブでレッスンを持つ人気インストラクターに。「私は輝かしい経歴があるわけでもなく、ティーチャートレーニング時代も体が硬い劣等生でした。でも、できない経験があるからこそ、運動が苦手な人にも寄り添い、その人に合う体の使い方を指導できる自信があります。紹介で受けたジムのインストラクター面接でも、アピールしたのはそこでした」リピートしてもらうクラスにするには、フィットネスジムという「場」を考えることも大切だと言います。「フィットネスジムは体を動かしてリフレッシュしたい、という目的の方が多くいます。クラスではアーサナの説明はほどほどに、気持ちよく動けてオールレベルに対応できる内容を心掛けます」また、生徒さんの信頼を得るためには、外見への気遣いも。「美人かどうかではなく、向上心が感じられる体型や身だしなみであることを大切にしています」

首藤瑞希先生
Photo by Shoko Matsuhashi 

レッスンに欠かせないもの

リラックス系ヨガではオルゴールをBGMに

リラックス系のヨガクラスでは、オルゴール音で奏でる楽曲のCDを使用。「優しい音色の効果で、生徒さんの緊張をやわらげ、深いリラックス状態に導きます」

リラックス系のヨガクラスでは、オルゴール音で奏でる楽曲のCDを使用。「優しい音色の効果で、生徒さんの緊張をやわらげ、深いリラックス状態に導きます」

ヨガウェアは流行とスタイルUPを意識

生徒さんの前に立つには外見の印象も大切。「引き締まって脚長に見え、トレンド感もあるウェアをチョイス。テンションも上がります」

生徒さんの前に立つには外見の印象も大切。「引き締まって脚長に見え、トレンド感もあるウェアをチョイス。テンションも上がります」
Photo by Shoko Matsuhashi 

疲れたら「なつめ」で気の流れを整える

漢方で気を補う効果があると言われるなつめを、自然派スーパーなどで購入。「疲れがたまっているとき、クラス前に一粒食べてやる気をUP」

なつめ

自宅練習では弱点の筋肉を鍛えることに集中。ポーズの質を高める

弱点と感じている、腸腰筋と臀筋を集中的にトレーニング。腸腰筋を鍛えると前屈が深まり、臀筋を鍛えると後屈がスムーズにできます。

臀筋

つま先を45度外に向けて脚を腰幅より広く開き、お尻を上げて1分キープ。

つま先を45度外に向けて脚を腰幅より広く開き、お尻を上げて1分キープ。
Photo by Shoko Matsuhashi 

腸腰筋

仰向けで膝を胸に引き寄せ、お尻を上げて30秒キープ。

仰向けで膝を胸に引き寄せ、お尻を上げて30秒キープ。
Photo by Shoko Matsuhashi 

リラックスタイムにながらで行う「筋膜リリース」で可動域をUP

テレビを見ながら、マッサージボールを足裏やお尻・腰の下などにあてて、約1分間コロコロ。「硬くなってくっついた筋膜がリリースされて、体の可動域が広がります」

テレビを見ながら、マッサージボールを足裏やお尻・腰の下などにあてて、約1分間コロコロ。「硬くなってくっついた筋膜がリリースされて、体の可動域が広がります」
Photo by Shoko Matsuhashi 
 
▼愛用している「トリガーポイントマッサージボール」
Photo by Shoko Matsuhashi 

首藤先生の活動の様子

アスリートのパフォーマンス向上を目指すヨガを指導

アメフト選手をはじめ、アスリートにもヨガを教えている首藤先生。試合でのパフォーマンス向上に加えて、ハードな練習後のメンテナンスが目的。

アメフト選手をはじめ、アスリートにもヨガを教えている首藤先生。試合でのパフォーマンス向上に加えて、ハードな練習後のメンテナンスが目的。

新スタイルの「シンクロヨガ」で"魅せる"ヨガを広める

音楽に合わせてヨガポーズをシンクロさせるパフォーマンスとしてのヨガが「シンクロヨガ」。ゴールドジムの新メソッドで、首藤先生はパフォーマーとして活動。

音楽に合わせてヨガポーズをシンクロさせるパフォーマンスとしてのヨガが「シンクロヨガ」。ゴールドジムの新メソッドで、首藤先生はパフォーマーとして活動。

生徒さんに聞きました  首藤先生のレッスンのここが好き!

土田明美さん(ヨガ歴5年レッスン歴半年)
体への理解が深まり笑顔で和ませてくれます
筋肉や体幹の使い方を理論的に説明してくれるので、納得しながら動くことができます。いつも笑顔がステキで、リラックスしてレッスンに入っていけます。

福嶋美千代さん(ヨガ歴3カ月レッスン歴3カ月)
新しい情報を取り入れるクラスはいつも新鮮!
ヨガだけでなく、筋膜リリースなどの最新トレーニングも取り入れてくれるので、クラス内容がいつも新鮮。レッスン前後のおしゃべりも楽しく、勉強になります。

首藤瑞希先生プロフィール
ヨガインストラクター、ピラティスインストラクター。大手フィットネスジムでクラスを持つほか、@yogalifeなどのヨガスタジオでも教えている。アスリートへの指導経験も豊富。

【DATA】
ヨガ歴:5年 
ヨガインストラクター歴:4年 
前職:OL 
資格取得スクール:YMC 
ヨガインストラクターを目指した理由:求職中に手に職をつけたいという思いで資格を取得 
指導のモットー:たとえ人と比べてしまっても、必ず自分の体と向き合うことに戻れる強さを養う 
ヨガの学びを深めるためにやっていること:マインドフルネス講座を受けて瞑想を勉強中 
体調管理のために欠かさないこと:必ず湯船に浸かって体を温める 
好きなヨガウェアブランド:アーバンリトリート

Photos by Shoko Matsuhashi
Text by Ai Kitabayashi
MOOK「良いヨガインストラクターになるには」掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

首藤瑞希先生
リラックス系のヨガクラスでは、オルゴール音で奏でる楽曲のCDを使用。「優しい音色の効果で、生徒さんの緊張をやわらげ、深いリラックス状態に導きます」
生徒さんの前に立つには外見の印象も大切。「引き締まって脚長に見え、トレンド感もあるウェアをチョイス。テンションも上がります」
なつめ
テレビを見ながら、マッサージボールを足裏やお尻・腰の下などにあてて、約1分間コロコロ。「硬くなってくっついた筋膜がリリースされて、体の可動域が広がります」
つま先を45度外に向けて脚を腰幅より広く開き、お尻を上げて1分キープ。
仰向けで膝を胸に引き寄せ、お尻を上げて30秒キープ。
▼愛用している「トリガーポイントマッサージボール」
アメフト選手をはじめ、アスリートにもヨガを教えている首藤先生。試合でのパフォーマンス向上に加えて、ハードな練習後のメンテナンスが目的。
音楽に合わせてヨガポーズをシンクロさせるパフォーマンスとしてのヨガが「シンクロヨガ」。ゴールドジムの新メソッドで、首藤先生はパフォーマーとして活動。
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する