ココア✕チリでドレッシング? 食材の組み合わせが斬新なサラダレシピ4選

YOGA JOURNAL

ココア✕チリでドレッシング? 食材の組み合わせが斬新なサラダレシピ4選

ラズベリーとビーツのサラダ、マンゴーとターメリックのドレッシング

ラズベリーとビーツのサラダ、マンゴーとターメリックのドレッシング

アマランスとテフはほのかな甘みのある小さな穀物で、キヌアより多くのたんぱく質と繊維を含み、同じくらい風味がよい。朝食をサラダにするときには、ビーツのかわりに刻んだリンゴを入れるといい。

材料(4人分)

  • 生のアマランスかテフ…1カップ
  • 赤か黄色のビーツ(小)…8個、へたをとって4つに切る
  • マンゴー…1/2個、皮をむき、さいころ型に切る(約1/2カップ)
  • オリーブオイル…大さじ3
  • 生のアップルサイダービネガー…大さじ2
  • にんにく…1片
  • ディジョンマスタード…小さじ1/2
  • 生ターメリックのすりおろし…大さじ1(あるいは、ターメリックパウダー小さじ1/2)
  • 塩…小さじ1/4
  • ホウレンソウかベビーケール…450ℊ、ケールは茎をとって刻む
  • 生のラズベリー…500㎖の容器2つ分
  • マカデミアナッツ…1/3カップ、刻む

作り方

  1. 中サイズの片手鍋に水3カップを沸騰させる。アマランスかテフを加えて火を弱め、ほとんどの水分が吸収され、どろっとしたオートミールのようなクリーム状になるまで20分ほど煮る。
  2. ビーツを大鍋に入れ、水をひたひたになるまで入れる。沸騰させ、ふたをして火を中火にし、やわらかくなるまで45分ほど煮る。まな板の上に移して冷ます。硬い皮はとり除く。さいころ型にカットして、アマランスかテフと混ぜる。
  3. マンゴー、オリーブオイル、ビネガー、にんにく、マスタード、ターメリック、塩をブレンダーに入れ、必要に応じて冷水大さじ2、3杯を加えながら、好みの濃さになるまで撹拌する。
  4. 葉もの野菜、ビーツ、穀物、ラズベリーを4つの皿に分け、マンゴードレッシングをかける。マカデミアナッツをトッピングし、すぐにサーブする。

栄養成分(1人分)
548㎉、脂質26ℊ(そのうち飽和脂肪3ℊ)、炭水化物56ℊ、繊維12ℊ、たんぱく質24ℊ、ナトリウム274㎎

 

監修・ライター/ジェニファー・イーザーロン
伝統的訓練を受けたシェフ、ヨガの正式指導者であり、Institute for Integrative Nutrition卒業の経歴を持つ。ベストセラーとなった『50 Shades of Kale』の共同執筆者である。

 

 

  • 4
  • /
  • 4

Story by Jennifer Iserloh
Photos by Camel Zucker
Food styling by Eric Leskovar
Prop styling by Nicole Dominic
Translation by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.42掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アボカドとポブラノのサラダ、クリーミーなコリアンダーのドレッシング
グリルした桃とビーツの若い葉のサラダ、明るいピンク色のドレッシング
ブラックビーンズとココアとチリのドレッシング
ラズベリーとビーツのサラダ、マンゴーとターメリックのドレッシング
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する