SNS疲れを解消する、ソーシャルメディアと賢く付き合う方法

BIGSTOCK

SNS疲れを解消する、ソーシャルメディアと賢く付き合う方法

SNS疲れは体にとって良くない?ヨガの教えにならって、ソーシャルメディアとうまく付き合う方法を紹介!

人との交流や結び付きのために、今の時代はソーシャルメディアの存在を強く意識せざるを得ない。ソーシャルメディアは、「仲間」に属するという基本的な人間の本能に入り込んでいる。これこそが人気のプラットフォームが生活の中の重要な地位を守り続けている大きな理由だ。ニュースフィードをスクロールする度に、無意識のうちに奥深くにある、原始的な帰属への欲求を満たそうとしているのだ。

でも、そこに落とし穴がある。私たちのソーシャルメディアにおける仲間はかなり拡大していて、今までの仲間よりも広範囲に及ぶ。FacebookやInstagramのようなプラットフォームは、世界中にいる友達や家族と親密な絆を結ぶことを可能にしている。投稿の中で、赤ちゃんの成長、子供の大学進学、カップルの結婚や離婚、そして、その間に起こるすべての出来事を知ることになる。皆が何を食べ、着て、いつヨガ・クラスに行き、何km走るのかについてフォローする。最もありふれた日常から最も特別な出来事まで、他人の生活に親密に関与する。
ソーシャルメディアは「彼らは仲間だ」という安心感を与えてくれるだけでなく、新たな友達作りや、他の仲間やソーシャル・グルーブへのアクセスも手助けしてくれる。個人的には仲間に属することがなかった種類の人たちと交流することで、友達が増え、帰属意識が広がる。それに加えて、友達との交流を超えて、非公開グループに参加し、活動を支援するコミュニティを作り、プロフェッショナルのネットワークを拡大することができる。現在の出来事に簡単にアクセスし、意見を表明することもできる。「いいね」したり、されたりできて、それでも愛される。すべての投稿は仲間と結びつくためであり、すべての「いいね」、コメント、シェア、リツイートは仲間の中での生存本能を強化する。

生存本能を満たすことと、他人からの承認欲求を満たすことの境界線は、ソーシャルメディアと私たちの関係の中では、時として曖昧だ。はっきり言うと、絶え間ないイメージの流れは、比較、嫉妬、悲しみ、恥、そして、自分が誰で、どのように見えるか、ということへの不満までも引き起こす可能性がある。世界に向けて自分たちを完璧な存在として表現して、フィルターやその他の画像補正ツールで飾っていると、投稿にふさわしいイメージを保ち続けるプレッシャーに晒されることになる。

Translated by Hiroe Humphreys

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する