臨床心理士が教える|忙しい師走を乗り切る3つのコツ

Getty Images

臨床心理士が教える|忙しい師走を乗り切る3つのコツ

南 舞
南 舞
2018-11-23

日に日に寒くなり、気づけばあと少しで12月。12月は忘年会やクリスマス、年末の準備など何かとイベントが続く季節ですね。街中が華やかなイルミネーションに彩られ、家族や友人とパーティーしたりして、気分はとてもハッピー!…と、なりがちですが、実は12月はストレスが溜まりやすい時期であることもご存知ですか?来る師走を前に覚えておきたい、忙しい季節を乗り切るコツを臨床心理士としても活動する筆者がお伝えします。

アメリカの心理学者ホームズとレイが提唱した「人生の中の出来事がどれくらいストレスと関連しているのか」という研究によると、なんとクリスマスやお正月のような楽しいイベントもストレスになり得るらしいのです。

イベントや買い物で街に人がいつも以上にあふれたり、断れない忘年会や飲み会への参加、飲み会やパーティーが増えることによる金銭的出費、人との関わりが増えるからこそ起きる対人トラブルなど。
また、「クリスマスや年末のイベントなどを楽しむべきもの」というような社会的な価値観もあったりして、精神的に負担を感じやすい人もいることでしょう。

ハッピーなイベントが続きやすい時期だからこそ、身も心も浮き足立ちがち。そんな時期だからこそ、安定した心と身体のバランスを意識してみませんか?

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する