「動く」という脳の指令はどのように伝わるか|理学療法士がヨギに知ってほしい体のこと

Getty Images

「動く」という脳の指令はどのように伝わるか|理学療法士がヨギに知ってほしい体のこと

AI EHARA
AI EHARA
2018-11-11

理学療法士として活躍する得原藍さんが、ヨギに知ってほしい「体にまつわる知識」を伝える連載。第三回目となる今回は「動くという脳の指令はどのように伝わるか」。

手を目の前に出して、手を握ってみましょう。握ろうと思ったら、握ることができるでしょう。これは、手指を屈曲させる筋が、収縮の指令を受けているということです。同じように、全ての動作は脳からの指令が様々な筋を収縮させることで起きています(反射など脳の指令を必要としない例外的な筋収縮もあるのであえて「運動」とせず「動作」としています)。では、先ほど「握ろう」と考えた「脳」から「手の筋肉」まで、いったいどのような経路をたどって運動が可能になっているのでしょうか。

全身に張り巡らされた神経の役割

脳と筋を繋ぐのは神経です。全身に張り巡らされた神経は、その機能や形態によって様々に分類されています。分類をたどると、まず大きく中枢神経系と末梢神経系に分類されます。中枢神経系とは、脳や脊髄を指し、文字通り身体の中枢を担う神経系です。一方で末梢神経系は、中枢神経系からの指令を末端に伝達する役割を持っていて、交感神経・副交感神経で構成される自律神経系や、今回話題にしている運動や感覚を司る体性神経系などが含まれます。つまり「手を握る」という動作も、中枢神経系のどこかから発せられた指令を、末梢神経系のどこかが手の筋に伝達することで完成する動作であるわけです。

手の筋を運動させるための脳のエリアは、頭頂部の近くにあります。運動野(うんどうや)と呼ばれる脳のエリアの、手の動きを支配する領域から、指令が出ます。前回のコラム「運動はどこから生まれるか」でお伝えしたように、運動はまずは認知・感覚から始まるとも言えますが、その情報全てを受け取って最終的に筋肉へ収縮の指令を出すのが、この運動野の役割です。そこから、脊髄まで神経が伸び、脊髄でα(アルファ)運動神経にシナプスを介して接続して、α運動神経が筋の収縮を引き起こすための最終的な伝達役となっています。つまり、脳から筋までの神経のメインストリームは接続1回のシンプルな構成になっているということです。そのメインストリームに、様々な支流が流れ込むように調整を行う神経が数多く作用して、握る、という動作を完成させています。この、メインストリームはもちろん、そこに流れ込む支流のどこが滞っても、「手を握ろうと思って、握る」という動作は完成できません。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する