【レシピ】食品ロスを減らそう|葉も無駄にしないにんじんのラビオリ

Jennifer Olson

【レシピ】食品ロスを減らそう|葉も無駄にしないにんじんのラビオリ

アメリカのシェフや栄養士が考えた、食品ロスを減らすアイデアレシピ。今回はにんじんの葉まで無駄にしないラビオリのレシピを紹介する。

にんじんの葉のピストゥとパルメザンソースのラビオリ

葉っぱから先までにんじんを楽しめるレシピだ! にんじんを食べた後は、とっておいた葉っぱでおいしいピストゥをつくろう。ラビオリと残りもののパルメザンチーズの外皮でつくったスープとは抜群の相性だ。

材料(4人分)

  • オリーブオイル…大さじ1
  • たまねぎ…1/2 個(さいの目切り)
  • 皮付きのにんにく1/2 かけと、皮をむいたひとかけ(それぞれ分けておく) 
  • 黒こしょう(粒)…小さじ1 と1/2
  • タイム…4 枝
  • 白ワイン(辛口)…3/4 カップ
  • パルメザンチーズの外皮…2かけ(約230g)
  • 大きめのラビオリ…24 枚(または小さめのラビオリ48 枚)
  • にんじんの葉…3/4 カップ
  • バジル …1/2 カップ
  • くるみ…1/8 カップ
  • おろしたパルメザンチーズ…1/4 カップ
  • レモン…1/2 個(皮とレモン汁を使う)
  • オリーブオイル …1/4 カップ

つくり方

  1. 中くらいの鍋かダッチオーブンを中火にかけ、オリーブオイル、たまねぎ、皮をむいたにんにく、粒こしょう、タイムを入れて、たまねぎとにんにくが茶色く色づくまで3~5分炒める。
  2. 白ワインを加えてアルコールが飛ぶまで3分煮る。パルメザンチーズの外皮と水1リットルを加える。ふたをせずに、半分の量になってスープが香りが立つまで45分煮詰める。目の細かいザルかふるいでスープをこす。
  3. ラビオリを袋に書いてある指示どおりにゆでる。
  4. フードプロセッサーに、皮付きのにんにく1/2かけ、にんじんの葉、バジル、くるみを入れてみじん切りにする。おろしたパルメザンチーズ、レモンの皮、レモン汁、オリーブオイルを加え、粒が残る程度に全体を混ぜる。塩と挽きたての黒こしょう(ともに分量外)で味を調える。
  5. ラビオリを4人分に取り分けたら、それぞれにおたま1杯分のスープをそそぎ、にんじんの葉のペーストをたっぷりのせる。

栄養成分(1人分):492㎉、脂質26g(飽和脂肪酸6g)、炭水化物39g、食物繊維2g、タンパク質16g、ナトリウム536㎎ 

レシピ提供:ゲイブ・ケネディ、ABC局の番組The Tasteの優勝者

story by Liz Krieger
photos by Jennifer Olson
food stylin g by Eric Leskovar
prop styling by Nicole Dominic
translation by Sachiko Matsunami
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する