SUPヨガインストラクターってどうしたらなれるの?

Getty Images

SUPヨガインストラクターってどうしたらなれるの?

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-09-09

近年、知名度も人気も右肩上がりのSUPヨガ。人気ということは、それを教えるインストラクターの需要も高まってる、ということですよね。ちょっと気になってる!というあなたのために、どうしたらSUPヨガインストラクターになれるのか?から講座情報まで、まとめてみました。

SUPヨガを教えるにはまず海を知る

いくらヨガといっても、まずはSUPができなければ話は始まりません。観光スポットのアクティビティのイメージから「簡単に乗れるようになって海上クルーズが楽しめる」と思っている方も多いかもしれませんが、いざインストラクターとなるとそうはいきません。海の状況によって、ヨガができるかできないかを判断したり、風向きや天気を考慮しながらSUPヨガをするポイント(場所)を決めたりと、海の知識が必要になります。また、「海の上でお客さまがボードから落ちたら?」「溺れたら?」「怪我したら?」など、ヨガスタジオとは違い、海では命に関わる重大な事故にも繋がりかねないため、レスキューの知識も欠かせません。

ヨガするよりもSUPを漕ぐ!

色々なSUPヨガインストラクターの養成講座や団体がありますが、どの講座でも最初に練習するのはSUPの漕ぎ方。ボードの方向転換、ブレーキのかけ方、早くボードの向きを変えるテクニックや、早く漕ぐ練習など、とにかくSUPに慣れて、扱えるようにならなければ、SUPヨガは教えられません。ヨガするのに漕ぐことは関係ないのでは?と思うかもしれませんが、万が一お客さまが溺れた時に、いち早く助けに向かうためにも、このような練習が欠かせないのです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する