マインドフルネスは退屈?集中できない人のためのアーサナプラクティス

PIXTA

不測の事態に動じない心を育てる。マインドフルネスを培うためのヨガプラクティス

NORA ISAACS
NORA ISAACS
2017-11-30

1.シャヴァーサナ(亡骸のポーズ)

集中できない人のためのアーサナプラクティス
(Photo by JEFF NELSON)

シャヴァーサナは、仏陀が教えた瞑想のための4つの主要なポーズのうちのひとつだ。このポーズは、プラクティスの始まりと終わりに行うといい。足幅を30~45㎝に開き、腕を体側から10㎝ほど離したところに置き、手のひらを上に向けた状態で仰向けに横になろう。全体重を重力に預け、意識は体の中で呼吸が感じられるところへ向ける。呼吸をコントロールしようとする気持ちをすべて解放し、入ってくる呼吸は吸気、出ていく呼吸は呼気としてただ認める。呼吸と呼吸のさまざまな状態へ心を開く。それは深いのか浅いのか、速いのかゆっくりなのか、荒いのかスムーズなのか、規則正しいのか不規則なのか、体をスキャンする。体の力は完全に抜けているか、それともまだ緊張があるか、マインドの集中が途切れたら、苛立ちや批判に気づき、意識を呼吸と体に戻そう。

2.スチランドラアーサナ(針穴のポーズ)

集中できない人のためのアーサナプラクティス
(Photo by JEFF NELSON)

亡骸のポーズから、足を腰幅にしてお尻のそばの床にもっていく。左のすねを右の太腿に置く。右膝を胸へ引き寄せ、左腕を両足の間に伸ばし、右腕は右足の外側へまわして両手をつなぐ。このストレッチに入るときに、呼吸が止まったり制限されてたりしていないかに注意する。呼吸は自然に流れていくようにしよう。体の開き具合によっては、左の股関節に伸びを感じることもある。また、その感覚に抵抗を感じ、周囲の筋肉が緊張することもある。こういった筋肉の緊張を解放し、ストレッチを続けながら、感覚がどう変わるのかを観察しよう。ここで体、感覚、心の状態へのマインドフルネスが成立した。反対側で繰り返すときにも同じように続けていこう。体は完全な左右対称ではないため、片方の股関節に反対側よりも強い感覚を感じることがある。そのありのままの感覚を、批判したり、選り好みしたりせず、左右の感覚の違いにも注意しながら、感じ続けることはできるだろうか?

Translated by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.42掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガと仏教との共通点
集中できない人のためのアーサナプラクティス
集中できない人のためのアーサナプラクティス
集中できない人のためのアーサナプラクティス
集中できない人のためのアーサナプラクティス
集中できない人のためのアーサナプラクティス
集中できない人のためのアーサナプラクティス
集中できない人のためのアーサナプラクティス
集中できない人のためのアーサナプラクティス
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する