【米国の睡眠習慣調査から判明】40歳は睡眠が最も浅い年代!なぜ40歳が一番眠れない?理由と対策

【米国の睡眠習慣調査から判明】40歳は睡眠が最も浅い年代!なぜ40歳が一番眠れない?理由と対策

これまでで最大規模のアメリカ人を対象とした睡眠習慣調査の結果が明らかとなった。

40歳は新たな睡眠不足の時代と言われています。そう、その通りです。過酷なキャリア、絶え間ない介護の責任、そして(世界中で起こっているすべてのことを考えると)、この10年間で最も少ない休息時間を記録することが予想されるのです。

オーガスタ大学ジョージア医科大学の研究者は、最近の研究で、11,000人以上の被験者の睡眠パターンを評価しました。研究チームは、2011〜2014年の間に収集された「国民健康・栄養調査」のデータを評価しました。参加者は加速度計と呼ばれる睡眠・覚醒活動計を3日間装着し、眠っている時間と起きている時間を記録しました。これは、参加者の自己申告データではなく、客観的なデータに依拠した、これまでで最大の睡眠調査でした。

なぜ40歳が一番眠れないのか?

研究結果によると、私たちの睡眠は10〜40歳まで確実に減少していきます。このとき、U字型の底辺に到達し、最も睡眠時間が短くなるのです。しかし、もしあなたが40歳、それに近い年齢、あるいはそれ以上の年齢であれば、希望が持てるかもしれません。U字型の形状から予想されるように、多くのアメリカ人は50歳前後で睡眠時間が着実に伸びていることがわかったのです。これを裏付けるように、この研究の研究者は、日本およびフランスでの研究による最近のエビデンスを指摘し、同様の結果を示しています。つまり、40歳代の睡眠不足は、アメリカだけの問題ではないのです。

研究者たちは、睡眠時間の着実な減少の多くは、社会的な影響に起因すると考えています。22歳の人が83歳の人よりも睡眠時間を短くしたい(夜更かしをしたい)と思うのは当然のことです。同様に、40歳の人は、仕事、子育て、年老いた両親の介護、運動など、典型的な責任を負うため、より多くの睡眠時間を確保できなくなる可能性があります。

研究者らは、定年退職により60〜65歳頃に睡眠時間が長くなる傾向があることに注目しています。明らかに、定年退職者は睡眠時間が長いので、全体的な睡眠時間が長くなります。さらに、研究者らは、多くの高齢者が直面している健康上の懸念の流入を指摘しています。より深刻な健康問題に対処するために、高齢者はより多く休息する可能性があるのです。

睡眠調査から他にわかったことは?

この研究は、24時間の加速度計のデータを使って全米の傾向を表した初めてのもので、アメリカ人の睡眠行動に関するより多くの洞察を得ることができました。睡眠時間だけでなく、睡眠の質を測る指標である睡眠効率も調べました。

睡眠効率という言葉を聞いたことがない人でも、自分の生活ではよく耳にするのではないでしょうか。よくあるシナリオを考えてみましょう。8時間しっかり寝たつもりでも、夜中に何度も目が覚めてしまい、翌日に疲れが残ってしまう。このようなパターンを何度も繰り返すと、睡眠効率が悪くなります。

ところが、この研究では、30〜60歳まで、睡眠効率は比較的一定であることがわかりました。これまでの研究では、人生の中で着実に減少する線として挙げられていました。60歳を過ぎると、睡眠効率は低下しますが、これは睡眠時間に影響を与える多くの同じ要因によるものです。

睡眠を改善するためにはどうしたらいいのか?

気分が滅入る?そんな必要はありません。何歳になっても、睡眠習慣を改善し、より快適な睡眠を得る方法はあります。眠る前に落ち着かないときは、簡単なストレッチをして気持ちを落ち着かせましょう。また、睡眠の悩みを抱えているのはあなただけではないことに安心してください。(美容師や活動家として知られる)ジョナサン・ヴァン・ネスさんは最近、彼が日頃直面している睡眠の問題と、眠りに落ちるために行う3つのポーズを紹介してくれました。今度、天井をぼーっと長く見つめるようなことがあったら、ただ月日が流れるのを待つのではなく、どこに助けを求めればよいかわかるでしょう。

教えてくれたのは・・・エレン・オブライアンさん
エレン・オブライアンさんは、ヨガジャーナル のスタッフライター。

ヨガジャーナルアメリカ版/「Sorry, 40-Year-Olds, But Researchers Say This Is the Age When Your Sleep Is the Worst

By ELLEN O'BRIEN
Translated by Hanae Yamaguchi

AUTHOR

ヨガジャーナルアメリカ版

ヨガジャーナルアメリカ版

全米で発行部数35万部を超える世界No.1のヨガ&ライフスタイル誌。「ヨガの歴史と伝統に敬意を払い、最新の科学的知識に基づいた上質な記事を提供する」という理念のもと、1975年にサンフランシスコで創刊。以来一貫してヨガによる心身の健康と幸せな生き方を提案し続けている。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する