気候不安(エコ不安)を解消する4つの方法【刻々と迫る気候変動でパニック状態に陥っていませんか?】

気候不安(エコ不安)を解消する4つの方法【刻々と迫る気候変動でパニック状態に陥っていませんか?】

刻々と迫る気候の変化でパニック状態に陥っていませんか?私も同じです。ここでは、実存的な恐怖の感情を食い止め、行動を再開する方法をご紹介しましょう。

物心ついたときから、私は気候の状態について実存的な危機感を抱いていました。9歳の頃、祖父が持っていた「ナショナルジオグラフィック」の雑誌をめくっていたときに初めて地球温暖化について知り、大きな衝撃を受けました。気候変動は、私が知っているもの、愛しているものすべてを脅かす可能性があることを幼い頃に知り、暗闇に対して感じていたのと同じくらい(いや、今でも感じている)顕著な恐怖を私に植え付けたのです。

私の人生の大半は、この恐怖が原動力となっていました。私は、自分が最も恐れているものを打ち負かすヒーローになるつもりだったのです。しかし、長年にわたって環境保護に関する報道と擁護活動を続けてきた私は、気候不安(エコ不安)の対処を誤り、燃え尽きてしまいました。最初はこの不安に負けたことを恥ずかしく思いましたが、自己への哀れみに浸りながら、環境問題への不安を解消するためのツールキットを開発し、再び戦いに挑むことができるようになりました。

気候不安(エコ不安)とはいったい何か?

2017年、米国心理学会(APA)が気候危機の心理的影響に関する報告書を発表し、気候変動の影響が展開するのを直接・間接的に目撃したときの恐怖、怒り、無力感、疲労感などを気候不安(エコ不安)と広義に定義しています。気候不安(エコ不安)そのものは診断可能な病気ではありませんが、管理せずに放置すると、精神疾患を発症したり、既存の症状を悪化させたりする可能性があります。2020年にAPAが発表した世論調査では、成人の3分の2以上が何らかの形で気候不安(エコ不安)症を経験していることが明らかになりました。

簡単に言えば、気候不安(エコ不安)とは、私たちの惑星の状況の変化の大きさに対処するための対処法がないときに、体が自然に反応する方法です。脅威に直面したときのちょっとした不安は、私たちを行動へと駆り立てる良いものです。しかし、気候変動の影響は今後10年間でさらに悪化すると予測されています。特に、気候変動に関する国際条約であるパリ協定で定められた目標に到達できない場合は、なおさらです。

では、衰えることのない脅威を前に、私たちはどのように気候への不安を和らげればよいのでしょうか?

気候不安(エコ不安)を解消する4つの方法

ソーシャルフィードから切り離す

あなたのSNSやニュースのフィードが私のものと同じようなら、常に気候変動の危機を思い起こさせるものがあふれていることでしょう。このような情報が手に負えなくなったら、ログオフするのは悪いことではありません。私は、たとえ数分間であっても、瞑想の実践と一緒にこの時間を過ごすことが、自分にとって必要な精神のリセットを行う最良の方法であることに気づきました。

自然とポジティブにつながる

気候不安(エコ不安)とその精神的な影響が私の生活の中に定着してきたとき、かつてのように自然を楽しむことがほとんどできなくなりました。地球とのつながりは、私たちの心の健康と身体の健康を維持するための最も神聖で癒しの源です。ですから、ストレスや不安を軽減するような方法で、お気に入りの空間と再びつながる新しい方法を見つけることが肝心です。

私は、屋外に出かける前に明確な意図を設定することが、現在に存在し、地球とつながっているための最良の方法であることを発見しました。ランニングやヨガ、サイクリングなど屋外で行うアクティビティや、友人や家族と一緒に散歩をするのもよいでしょう。私のような自然愛好家にとっては、バードウォッチングが屋外とのつながりを癒す最高の方法です。

小さくても良いから影響を与える

APA(アメリカ心理学会)の調査によると、回答者の51%が、気候変動への対策に関心があるが、何から手をつければよいのかわからないと答えています。気候不安(エコ不安)と戦うための最も効果的な方法のひとつは、その神経エネルギーを行動に移すことです。家庭でのエネルギー使用量のモニタリング、生ゴミの堆肥化、地域の環境美化活動へのボランティア参加など、自分自身の生活の中で持続可能な変化を起こすことは、あなたが思っているほど重要なことではありません。

アドボカシー活動をさらに一歩進めたいなら、集団的な組織化が社会変革のための最も強力な戦略です。気候変動に関する集会に参加したり、地域の教育イベントに参加したりすることで、より大きなコミュニティとつながり、居場所や目的意識を持つことができます。

サポートシステムを見つけて自分の気持ちをオープンにする

忘れないで欲しいのは、あなたは一人ではないということ。気候不安(エコ不安)は、私たちの多くが気候変動に対処するための自然な方法です。ですから、最も論理的な解決策は、サポートシステムと一緒になって不安について話し合うことなのです。友人や家族、セラピストなど、あなたが安心して相談できる人に、気候不安(エコ不安)があなたの人生にどのような影響を与えているかを話してみてください。同じように感じている人が意外と多いことに驚くかもしれません。もちろん、気候不安(エコ不安)から精神疾患を発症したり、すでにある精神疾患を悪化させたりしていると感じたら、医療機関に相談してください。

気候不安(エコ不安)が認識され、正常化されればされるほど、社会的無関心と落胆を生む「気候破滅主義」の蔓延を避けることができます。私たちがこの恐怖に秘められた力を認識し、団結すれば、私たちの地球を支える時間はまだあるのです。

ヨガジャーナルアメリカ版/「How I Learned to Combat My Eco-Anxiety

By BELLA WILKES
Translated by Hanae Yamaguchi

AUTHOR

ヨガジャーナルアメリカ版

ヨガジャーナルアメリカ版

全米で発行部数35万部を超える世界No.1のヨガ&ライフスタイル誌。「ヨガの歴史と伝統に敬意を払い、最新の科学的知識に基づいた上質な記事を提供する」という理念のもと、1975年にサンフランシスコで創刊。以来一貫してヨガによる心身の健康と幸せな生き方を提案し続けている。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する