ハロウィンにも!グルテンフリー&サステイナブルな「おからdeかぼちゃコロッケ」作り方

YOKO/衣もグルテンフリー!サステナブルなおからコロッケ

ハロウィンにも!グルテンフリー&サステイナブルな「おからdeかぼちゃコロッケ」作り方

陽子
陽子
2021-10-02

こちらでは「からだと地球に優しいレシピ」を旬の野菜たっぷり料理で連載しています。全て肉、卵、乳製品、小麦、白砂糖を使わないヴィーガン&グルテンフリー。体型や健康のことが気になる方に、積極的に食べて欲しい旬の野菜料理を、料理&ピアノ教室【ピアノスイーツジューンベリー京都】がご紹介。講師は獣医師、栄養学講師でもあり【カンタン!食べてきれい、健康になれる魔法のレシピ】をお伝えします。自身も3人子育てママでもあり、手軽さと栄養を重視!是非お試しください。

朝晩が冷える季節となり、虫の声にも秋を感じるようになりましたね。かぼちゃや芋、栗が美味しくなる季節です。かぼちゃなどは年中手に入りますが、旬のお野菜は栄養価が高くなっており、今がおすすめ。ハロウィンも近づく今、おうちパーティにコロッケを手作りしてみませんか。

「西洋かぼちゃ」って?

かぼちゃ
イラストAC

「西洋かぼちゃ」と「日本かぼちゃ」の2種類があることをご存知ですか。私たちが普段よくスーパーなどで見かけるのは、実は「西洋かぼちゃ」。全体が丸みを帯び、皮がツルッとしていて食べる時はホクホクと甘いことが特徴です。

栗かぼちゃなどとも呼ばれ、煮物に最適ですね。対して日本かぼちゃは、ゴツゴツとして全体に深い溝が筋状に入っています。甘味は少なく、水分が多いことが特徴です。

栄養面では、その甘味からもわかるように、西洋かぼちゃの方がカロリーや糖質が高めで、ダイエット中の方には気になる点かもしれません。ただ、西洋かぼちゃの方が食物繊維やビタミンA、ビタミンCなどは多く、嬉しい効果がたくさん!

食物繊維には便秘解消や腸内環境を整えたり、血圧や血糖値を調整する力もあります。また、ビタミンAやビタミンCで粘膜を強くして免疫力を上げたり、それぞれ抗酸化作用を持つため美肌やアンチエイジングには欠かせません.生活習慣病やがん予防も期待できます。

安心して、今まで通りの「西洋かぼちゃ」を秋の味覚として楽しんでいただきたいと思います。血糖値の上がりやすさ、太りやすさを示す「GI値」も「65」と、里芋や長芋と同程度。甘いお野菜でも、食べすぎなければ体にやさしい食品です。

今回は産業廃棄物として捨てられることも多い「おから」を活用したサステイナブルレシピ。たんぱく質や食物繊維を強化し、ポリフェノールなどでより健康効果をあげたレシピをご紹介します。衣にはパン粉を使わずグルテンフリーに仕上げましょう。

AUTHOR

陽子

陽子

獣医師であり栄養学講師。京都市在住。【ピアノスイーツジューンベリー京都】として体と地球に優しいヴィーガン&グルテンフリーお菓子・パン教室を発信。ピアノ指導も併設。植物性の材料のみで作るやさしいお菓子レッスンは、オンラインでもプライベートで丁寧なところが人気のヒミツ。3人子育てママでもあり、医師と協力して開発するお手軽レシピは【食べてきれい、健康になれる魔法のスイーツ】。京都ならではのお豆腐やおから、抹茶スイーツなどが得意。オートミールや発酵食品も取り入れ、家庭的な【総合栄養スイーツ】を次々と考案。衣食住にこだわりフェア、オーガニックでナチュラルな生活を実践している。お子様も気兼ねなくどうぞ。※ピアノスイーツジューンベリーはサスティナブルな教室として国連の掲げるSDGsに取り組んでいます。~簡単でおいしいレシピが知りたいと思ったら~公式LINE→https://lin.ee/wIP5cbT または@052buxlrで検索、mail:piano.sweets.juneberry@gmail.com

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

かぼちゃ
YOKO/サステイナブル食卓
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する