パリヴルッタジャーヌシールシャーサナ
(ねじった頭を膝につけるポーズ)
Revolved Head-to-Knee Pose

パリヴルッタジャーヌシールシャーサナ(ねじった頭を膝につけるポーズ)

効果効能

部位

効能

その他の効果

背骨、肩、ハムストリングスのストレッチ・肝臓や腎臓など腹部組織の活性化・消化機能の改善

ポーズのやり方

1

胴体を垂直にして、両脚を開いて床の上に座る。左膝を曲げてかかとを左の鼠蹊部(脚の付け根)にぴったりつける。右膝を立てて、かかとを右腰の少し先へ置く。

2

息を吐いて右へ傾き、右肩の後ろを右膝の内側に押し当てる。右前腕を手のひらを上にして床の上に置く。胴体の右側を右腿の内側に沿って伸ばす。右手の手のひらを足の内側の方へ向けて、足の甲側を親指で、足裏を親指以外の指でつかむ。

3

左脚の大腿骨を固定することを忘れずに。左大腿骨を強く床のほうへ押し付けて、息を吸いながらゆっくりと右膝を伸ばしていく。膝を伸ばすに従って、肩の後ろ側が膝の内側にくるように。膝を伸ばすことによって胴体が引き伸ばされているのがわかる。膝がまっすぐになったら、胴体を天井のほうへねじっていく。

4

息を吸って左腕を天井の方向へまっすぐ伸ばす。腕を少し後ろに引いてから、次の吸う息で左耳の後ろへ下ろし、右足の外側をつかむ。両肘を互いに遠ざけるようにして、その力で胴体上部をさらにねじる。頭を天井に向けて上を見る。

5

1分間ホールドする。リリースするには、まず胴体のねじりを戻し、起き上がる前に両脚の間へ胴体を移動してから、息を吸って上体を起こす。ねじったまま起き上がらないようにすること。同じ要領で反対側を同じホールド時間で行う。

禁忌および注意すべきこと

下痢

ビギナーへのヒント

膝を完全に伸ばそうとして下側の肩が膝の内側から離れるようなら、膝を完全にのばさずに下側の肩を膝の内側につけておくほうがよい。

同じ姿勢でできるポーズ

関連記事