バーラドヴァージャーサナ I
(賢者のポーズ)
Bharadvaja’s Twist

バーラドヴァージャーサナ I

効果のある部位

セラピー効果

ポーズの進め方

1

両脚をまっすぐ前に伸ばして床の上に座る。右のお尻に体重をのせ、両膝を曲げて両脚を左へ。両足は左腰の外側に、左足首を右の土踏まずにのせる。

2

息を吸って胸骨最上部を引き上げ、胴体の前側を長くする。息を吐いて胴体を右へねじる。そのとき左のお尻は床に付けるか、できるだけ床に近づけておく。尾骨を床の方向へ伸ばし、腰を長く。お腹は柔らかくしておく。

3

左手を右膝の下へ入れて、右手は右腰の脇へ。左肩をやや後方へ、肩甲骨を背中に押すようにして、胸をさらに右へねじり続ける。

4

頭は次のどちらかにしておく。 頭を右へ向けて胴体をねじり続ける。あるいは、胴体をねじるのと反対側に左に向け、左肩の向こうを見る。

5

息を吸うたびに指で床を押しながら胸骨をもう少し引き上げ、息を吐くたびにさらにねじる。30秒から1分間ステイして、吐く息でリリースする。最初のポジションに戻って左側を同じホールド時間で行う。

その他の効果

背骨、肩、腰のストレッチ・腹部の組織のマッサージ ・腰痛、首の痛み、坐骨神経痛の緩和・ストレス緩和の促進・消化機能の改善・妊娠第2期(4〜6カ月)において特に腰を強化・手根管症候群の治癒

禁忌および注意すべきこと

下痢・頭痛・高血圧・不眠症・低血圧・生理

ビギナーへのヒント

ねじっている方のお尻に体が傾いている場合(腰が圧迫されている)、厚く折りたたんだブランケットの上にお尻を乗せて行う。意識的に両座骨を床に沈めてみよう。

関連記事