【40代を救う神エクサ】10秒で骨盤まわりを一気に引き締め!ペタンコお腹と小尻を同時に叶えるには

Adobe Stock

【40代を救う神エクサ】10秒で骨盤まわりを一気に引き締め!ペタンコお腹と小尻を同時に叶えるには

「40代に入ったら、お腹もお尻もじわじわとたるんできた…」それもそのはず、女性の体は40歳を超えたあたりから大きな変化の時期を迎えるのです。40歳からの変化の理由、そして気になる骨盤まわりの引き締めに効果的な簡単エクササイズを見ていきましょう。

広告

40歳からのたるみ…その理由は?

なぜ40歳を過ぎた頃から体のたるみが目立つようになるのでしょう?大きな要因として、ホルモンバランスの変化が挙げられます。特に女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌が低下することで、体に様々な変化が起こります。ではエストロゲンが減ることでどんな変化があるのでしょうか?

測定
40歳からの体にはどんな変化が…? illustration by 写真AC

筋肉が減ってくる

エストロゲンには筋肉量の減少を防ぐ働きがあります。エストロゲンは40代に入る頃から閉経に向けて減少していく為、筋肉量も低下。お腹やお尻の筋肉も弱くなりやすいのです。筋肉量をキープする為に、こまめに体を動かすことが大切です。

運動
手軽にできる運動を習慣に illustration by 写真AC

脂肪がつきやすくなる

エストロゲンは脂肪の燃焼にも一役買ってくれています。つまりエストロゲンが減少すると脂肪がつきやすくなり、体がたるんだ印象になってしまうのです。脂肪のつき過ぎを防ぐ為にも、食事内容や栄養バランスを改めて見直してみましょう。

食事
脂質やたんぱく質の過不足をチェック illustration by 写真AC

肌の張りが失われる

エストロゲンには、コラーゲンや水分量を増やす働きがあります。その為エストロゲンが減少すると、肌の乾燥やシワ、たるみなどの肌トラブルが起こりやすくなります。お腹やお尻の皮膚もたるみがちに…。肌の変化に合わせて、顔だけでなく全身の保湿ケアを心がけましょう。

お尻
見えないお尻も保湿ケアを! illustration by 写真AC

体の変化は誰にでも起こるもの。その中で、体と心がご機嫌でいられる、より快適な状態を目指していきたいですね。

骨盤まわりを一気に引き締める!簡単四つ這いエクササイズ

たるみが気になる骨盤まわりの筋肉をまとめて引き締められるエクササイズをご紹介します。とっても簡単なので、ぜひ毎日の習慣に取り入れてみてください。お尻の横や後ろ、お腹に効いてきたら正解です!

やり方

1.四つ這いになる

よつんばいになる
肩の下に手首/お尻の下に膝

2.左脚と右腕をそれぞれ横に持ち上げる/呼吸を繰り返しながら10秒ホールド

手足
膝と肘を90°に曲げる

3.ゆっくり下ろす

4.反対も同様に行う

▼動きを動画でチェック▼

 

広告

AUTHOR

のぐちかなこ

のぐちかなこ

専業主婦からヨガ講師へ。大手ヨガスクールにて全米ヨガアライアンスの講義 (RYT200/RPYT85)及びヨガレッスンを年間1,000時間以上担当。2018年に独立し〈あんどYOGA〉を立ち上げる。現在もヨガインストラクターの養成に携わりながら、特に産前産後に関するヨガや新米ヨガインストラクターサポートに力を注いでいる。オンライン講座も多数開催中。プライベートでは三姉妹の母。あだ名はかーちゃん。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

測定
運動
食事
お尻
よつんばいになる
手足