【40代のダイエット】痩せやすい体作りのカギとは?基礎代謝がグンと上がる習慣&簡単ストレッチ

AdobeStock

【40代のダイエット】痩せやすい体作りのカギとは?基礎代謝がグンと上がる習慣&簡単ストレッチ

西畑亜美
西畑亜美
2021-06-11

食べる量はそんなに変わっていないのに、「最近なんだかお腹がぽっこり」「30代後半から40代になってから、太りやすくなってきた気がする、、、」また、「身体が冷えやすい」「疲れが抜けない」そんなお悩みを抱えている方も少なくないと思います。それは【代謝の低下】が原因かもしれません。今回の記事では、代謝を上げ、太りにくく痩せやすい、理想的な身体を手に入れる簡単ストレッチをご紹介します。

代謝とは?

基礎代謝とは簡単に説明すると「何もしない状態で消費する最低限のエネルギー」のことを指します。つまり生きていく中で必要な内臓の動きや、体温維持のために使われるエネルギーを意味しています。そこに使われるエネルギーが基礎代謝です。この基礎代謝のエネルギーは、人が眠っているときやリラックスしてのんびりしている時も含め、常に消費されています。実は1日に消費するエネルギーのうち、約7割をこの基礎代謝によって消費しているのです。つまりは身体の基礎代謝が低下すると、昔と同じような食生活であったとしても、体がカロリーを消化しきれず、身体に脂肪が蓄積されるようになります。効率的にエネルギーを消費するためには、この基礎代謝を上げることが大切なんです!

基礎代謝が下がる原因

加齢

基礎代謝のピークは、男女ともに成長期の発育に大きなエネルギーが必要となる10代半ば~後半に達するといわれています。その後は年齢とともに低下し、特に40歳前後以降は急に低下するといわれています。

筋肉量の低下

基礎代謝はあらゆる臓器が関与していますが、最も関わっている部位が「筋肉」です。また筋肉量が減ると、エネルギー消費の低下を招くだけではなく、脂肪がつきやすい身体へとつながります。

代謝を上げるストレッチで痩せやすい身体をつくります

一体どうやって基礎代謝を上げたら良いのでしょうか?キーワードは「朝」

朝にストレッチをすることで自律神経が整い、交感神経が優位になり、1日の基礎代謝をぐんと上げることができます。目覚めたら、カーテンを開けて朝日を浴び、深呼吸をしながら酸素をたっぷり体の中に取り込むイメージでストレッチを行いましょう。ストレッチは簡単なもので構いません。ストレッチを行うことで血流がよくなり、代謝があがるだけではなく、身体が活動モードに切り替わり朝から活動しやすくなります。今回ご紹介するのは、ベッドの上で簡単に行えるストレッチです!快適な朝を過ごしてよりよい1日を送りましょう!

●やり方

1 あぐらの姿勢で、背骨を丸める、反る→身体を左右にふる。

2 手を組んで伸び、片方の手をベットにおろして体側を伸ばす→肩甲骨を動かすように腕を回す→状態を戻してツイスト。足を組み替えて反対も同様に。

3 手を肩に添え、肩甲骨から肘で円を描く。反対回しも同様に。

4 脚を解放し、片方の脚をもう片方の腿の上に置いて、手で足先をほぐす→手と足先を絡めて圧迫→足首回し→手で足裏を持ち股関節ほぐし。反対も同様に。

5 合席し、膝を上下にパタパタ動かす→背骨を伸ばして前屈。

●POINT

カーテンを開け太陽の光を感じ、深い呼吸を心がけて行って下さいね。継続し高い基礎代謝がキープできるようになれば、スッキリとした健康的な体づくりが築けると思います!

●動画で見てみよう

 

AUTHOR

西畑亜美

西畑亜美

ヨガインストラクター 様々なヨガのスタイルを学び、筋膜リリースやピラティスのメゾットを合わせて、スタイルが気になる女性のボディメイクから柔軟性を高めたいプロスポーツ選手からも定評がある。 武蔵小杉&aヨガ主宰。オンラインサロン&a運営。 1000人規模のイベントでも講師担当。雑誌や動画メディア監修、モデル出演など活動の幅を広げる。@amii0106 HP https://ami-yoga.com

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する