大豆粉を加えて糖質カット!米粉を使ったグルテンフリーの【ココアアーモンドクッキー】

大豆粉を加えて糖質カット!米粉を使ったグルテンフリーの【ココアアーモンドクッキー】

鮫島養子
鮫島養子
2021-03-28

甘いものは食べたいけど、カロリーや添加物などの摂取に罪悪感を感じてしまうことはありませんか?この連載では、【小麦・砂糖・乳製品・卵】不使用ロースイーツと焼き菓子をコラボさせ混ぜるだけの簡単&美味しいヘルシースイーツを紹介していきます。お菓子作りに慣れていない人にもチャレンジしやすいレシピなので、おうち時間が増えている今こそチャレンジしてみて。「心と体が喜ぶスイーツ」で、日々を楽しく元気に過ごしましょう!

グルテンの摂取を抑えたいときに、安心して食べられるクッキー

桜の開花する時期になりましたが、まだ肌寒い日が続きますよね。特に肌が弱い方などは、寒い間の乾燥肌に悩まされたりします。
夜中に乾燥による痒みなどで寝不足になり、それに伴い肌のむくみや疲労感の症状が出やすかったりするのは、日々の食生活にも関わりがあります。最近ダイエットや肌改善などでよく話題にもなるのがグルテンフリーです。
グルテンフリー生活の良い効果といえば、肌がしっとりする、頭がすっきりする、倦怠感が改善されたなど、グルテンフリーを続けて早い方で1週間くらいで、そういった体調変化が出始めるらしいです(アレルギーのある方など個人差があります)。

小麦の代わりに使う「米粉」、どんなメリットがあるの?

グルテン摂取を抑えていくことで依存性の食欲などもなくなりますので、無駄に食べたりする悪習慣が減っていきますので、結果的にダイエット効果にも繋がっていきます。グルテンフリーにするために使われる代表的な食材が米粉です。米粉は小麦粉と同じくらいのカロリーにはなりますが、人間が体中で作ることができない食物からのみ摂取できる良質な必須アミノ酸が小麦の約1.5倍含まれています。

米粉
Gettyimages

また米粉は小麦粉食品よりも腹持ちが良いので、食べる量が減ることで必要以上のカロリー過多を防げます。この良質アミノ酸と腹持ちの良さはダイエットと非常に相性が良く、これに大豆に含まれるアミノ酸を付け加えた場合には、必須アミノ酸の量が満点に近いくらいしっかり摂取できたことになるのです!
また、大豆粉を加えることによって、気になるお米の糖質量を抑えることになります。今回、この最高の組み合わせでもある米粉と大豆粉を使ったココア風味のアーモンドクッキーをご紹介したいと思います。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

AUTHOR

鮫島養子

鮫島養子

海の見えるお家で【小麦・砂糖・乳製品・卵】不使用ロースイーツと焼き菓子をコラボさせ混ぜるだけの簡単・美味しいヘルシースイーを日々作っています。近々、料理教室を開催予定。instagram:@yoko_sweetstyle

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

グルテンフリークッキー
米粉
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する