【これでぐっすり!ヨガ講師たちの体験談】睡眠の質をグッと高める「就寝前習慣&ヨガ」

Kenji Yamada

【これでぐっすり!ヨガ講師たちの体験談】睡眠の質をグッと高める「就寝前習慣&ヨガ」

体がこわばったり、頭が休まらなかったり...。そんな理由で眠りが浅いと感じる夜は、人気ヨガインストラクターが実践する就寝前のルーティンを実践して心地よい眠りを手に入れて。

「質の良い睡眠は体を健康に保ち、脳の活性化にも必須。健康のためにアーサナや瞑想、野菜中心の食事に加え7時間睡眠を心掛けています」

お気に入りのハーブティーは、リラックス効果が期待できるカモミールティー。

ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
photo by Kenji Yamada

「15時以降はコーヒーを飲まず、夜はノンカフェインのハーブティーをいただきます」

ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
photo by Kenji Yamada

冷えは快眠の大敵なので、寝るときは肌触りの良いウールの靴下を履き足元を温めて。

ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
photo by Kenji Yamada

帰宅が遅く入浴時間がないときは、塩と精油入りの足湯に。ラベンダー、ユーカリ、ベルガモットの精油が◎。

ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
photo by Kenji Yamada
ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
photo by Kenji Yamada

サドルポーズ、アイオブザニードル、開脚など6つのポーズでつくるオリジナルシークエンスで疲れを解消。

ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
硬くなった体の前面をリリース
photo by Kenji Yamada

教えてくれたのは...ヨガインストラクター 西川尚美さん

ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
photo by Kenji Yamada

「睡眠不足が2日続くとたちまち調子が悪く。6時間睡眠が日課です。睡眠の質を上げるには、ストレッチやアロママッサージで体を整えるのが鍵です」

体調を見て改善ポーズを選び、下半身のむくみにはナーヴァーサナで血流促進。膝の曲げ伸ばしで効果UP。

ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
便秘改善にも効果的です!
photo by Kenji Yamada

お風呂上がりのアロママッサージが習慣。疲れが溜まりやすい腕と脚を念入りに。

ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
photo by Kenji Yamada

「マッサージにはVARBARAのアロマオイルを愛用。クリアな香りに癒されます」

ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
photo by Kenji Yamada

教えてくれたのは...#ヨガジャーナルフレンズ おくむらやすこさん

ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
photo by Kenji Yamada

 

photos by Kenji Yamada
text by Ai Kitabayashi
yoga journal vol.73

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部ロゴ

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガジャーナル 日本版編集部

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
ヨガインストラクターが実践!寝る前のぐっすり習慣①
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する