下半身太りは股関節のズレが原因?男性よりズレやすい女性の股関節を整えるエクササイズ

Adobe Stock

下半身太りは股関節のズレが原因?男性よりズレやすい女性の股関節を整えるエクササイズ

伊藤香奈
伊藤香奈
2020-11-26

男性と女性の股関節の形状に違いがあることをご存知でしょうか。実は女性の方が股関節がズレやすいと言われています。そのズレは、下半身を太くしてしまう原因になっているかも?

男性と女性の股関節の違いは?

年齢を重ねると女性の方が股関節の不調が起こりやすいと言われています。その原因のひとつに男性と女性の骨盤と股関節の形状の違いがあると言われています。一般的に女性は少し横に広がっているような形状。比較して男性は幅が少し狭く深い形状。女性が幅広な理由は、妊娠や出産に適応するためと言われています。

骨盤の男女差
左側の女性の方が幅が広い。イラストだとわかりづらいが男性は幅が狭い分、すり鉢状に深い。

女性は股関節のねじれが起きやすい?

男性より女性の方が骨盤が幅広いため、その骨盤と脚の骨(大腿骨)の接続部である股関節が外に広がりがち(出産後に骨盤が広がって、お尻も横に広がったように大きくなりますよね)。一方、「女性なら膝をくっつけなさい!」という教育や、脚の内側同士をピターッとくっつけて立つことが美しいとされているため、股関節を内側にねじって脚同士を近づけようとする動きを多く行っています。それにより股関節が内側にねじれていることが多いと言われています。また、腹筋が弱く体の軸が体幹の筋肉で保てない場合にも、股関節が内側にねじれて中心軸を保とうとすることも。そのような体の作用により、女性は男性よりも股関節がねじれやすくなっているのです。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

骨盤の男女差
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する