心地よいエコライフを、100年後の美しい世界に引き継ぐために。ニールズヤード レメディーズの信念

ニールズヤードレメディーズ

心地よいエコライフを、100年後の美しい世界に引き継ぐために。ニールズヤード レメディーズの信念

横山正美
横山正美
2020-09-01

美しくなることは、地球に優しいことーこれからの時代に必要なのはそんなポリシーだ。日々目まぐるしく変化する環境や世界情勢の中で、ビューティーに対するこれまでの価値観が大きく揺さぶられている現在。独自の美を創造することにいち早く乗り出した先駆者たちに聞く、ビューティービジネスと環境への取り組みとは。

「オーガニックという概念が浸透していなかった」1985年、日本上陸以来のブレないポリシー

1981年に創設者のロミー・フレイザーがイギリス・ロンドンのコヴェントガーデンにオープンしたニールズヤード レメディーズ第1号店。店内にずらりと並んだトレードマークのブルーのボトルの美しさと、初めて体験した「オーガニックコスメ」の実力と心地良さ…35年前にここを初めて訪れた瞬間、その全てに心底惚れ込み、1985年に日本に第一号店をオープンさせたのが、ニールズヤード レメディーズ代表取締役の梶原建二さんだ。バブル時代の真っ只中にあって、オーガニックという言葉すら認知されていなかった80年代の日本。そんな中でのビジネス展開は困難ではあったものの「環境への配慮や、自然植物の力が人を癒す時代が必ずくる」と信じた彼の眼が確かなものであったことは、現在の世界の流れを見れば一目瞭然だ。そこで、創業当初からブレない姿勢を貫き、さらに進化を続けるニールズヤード レメディーズの梶原さんに現在の環境とビューティーの関係について伺った。

ーーニールズヤードレメディーズが日本に上陸してからだいぶ経ちますが、上陸当初はオーガニックに対する考え方が現在と大きく違っていたと思います。今では「クリーン」や「ヴィーガン」を謳う様々なブランドが登場していますが、昔と大きく変化したと思われることは何でしょうか?

ニールズヤード レメディーズが日本に上陸した1985年は「オーガニック」という言葉はおろか、概念自体も全く浸透していなかった時代で、僕が「オーガニック」と言うと「何それ?」「変わった人?」という反応がほとんどだったことを覚えています(笑)。今では日本にもすっかり浸透し、「オーガニック」自体も「サステナブル」「クリーン」等々表現のバリエーションも増え、より細分化されています。ですが、いずれもその根底にあるのは、「世界中が植物溢れる自然のエコシステムと共存・共栄するべき」という考え方です。一方で“「美容」や「健康」は個人的なもの”という従来の小さな認識から、「ひとつの化粧品が地球規模のエコシステムと結びついているかもしれない」という大きな認識へと変わり、皆が「美容=環境」という意識を持ち始めたことも大きな変化だと思います。

さらに注目すべきは、女性の社会進出が進み女性の所得と自立を大きく推進することに繋がったことです。これまでは「男性は家を作ってそれでおしまい。そこから女性が家庭や家風を生み出す」——つまり、“男性は社会を作り、女性は世間を作る”という考え方が主流でした。しかし、女性の社会進出が進むにつれ、そんな従来の男性的な「形」にこだわる考え方から、女性的な「中身」にこだわる考え方へと社会が大きく変化してきている。僕個人としては、従来型の「男性的な物作りの時代」がいよいよ終焉に向かっている、ということを最近ひしひしと感じています。

ーー創業当時より化粧品と環境という視点からどのような取り組みをしていますか?

ニールズヤードでは創業当初から「動物実験をしない」「マイクロプラスチックは使用しない」「リサイクル可能なガラスボトルを使用する」など、パッケージから成分に至るまで独自のポリシーを貫いて製品を開発しています。何故かというと、オーガニック素材を選択し、採用すること自体が地球環境保護活動とも言えるからです。地球上の全ての生命の営みはすべて繋がっている。現在世界中でプラスチックによる海洋汚染が問題になっていますよね。魚や貝の体内から検出されたマイクロプラスチックも、元を辿れば地球上の誰かが海に捨てたものです。

ニールズヤードレメディーズ
フランキンセンスをベースに、クランベリーと米粉の植物パウダーが、古い角質をマイルドに除去してくれる“ポリッシュ”(スクラブ)。口に入れても安全な天然のスクラブ剤を採用している。フランキンセンス&マンダリンボディポリッシュ 150g ¥4,800(税抜)/ニールズヤード レメディーズ 問い合わせ先:0120-316-999

 このように環境に対しネガティブな行動をすれば生態系にも悪影響を及ぼし、巡り巡って食卓で食べようとしていた魚からマイクロプラスチックが見つかったりする。逆に、マイクロプラスチックビーズの代わりに自然由来の成分で代用したり、“自然に帰る”オーガニック素材にこだわって物作りをすれば、生態系にもポジティブな循環をもたらし、ひいては僕らも肌や身体に良いものを持続的に取り入れることができるーーそんな地球規模のエコシステムに乗るための「ホリスティック」な考え方に従ってずっと製品を展開しています。

ニールズヤードレメディーズ
美しく歳を重ねるサポートをする”ウェルエイジング”効果の高いフランキンセンスシリーズは、海外生産地のコミュニティとのコラボレーションが産んだ“傑作”。原料の育成からリサイクル可能なパッケージに至るまで、ブランドが創業当時から守ってきたポリシーに貫かれている。

同時に、ブランドを代表するフランキンセンス エイジングケアシリーズでは、中東のオマーンの現地コミュニティとともに「10年植樹プロジェクト」を実施し、持続可能な素材の生育にも尽力しています。人々の健康とウェルビーイング(=精神/社会/身体的に良好な状態)を高め、守るための僕らの取り組みのベースにあるのは「使用する原料は、大地に種を蒔かれるところから始まる」というコンセプト。オーガニックかつ持続可能な方法で植物を育てること、そして野生環境下での生長を尊重し、収穫する生産者と長期的な関係を築くことも、環境への取り組みの一環だと考えています。

ーー化粧品のブラントとしては他では絶対に見られないユニークな取り組みは何でしょうか?

18年前に表参道にオープンしたエコロジービル「エコビル」ですね。ショップ、スクール、セラピー、そしてレストラン「ブラウンライスカフェ」を展開するこのビルは、まさにブランドのポリシーを体現しています。このような形で「美しく健康に生きる」ための包括的なライフスタイルを提案する場所を展開しているのは、ニールズヤード レメディーズだけではないでしょうか。ちなみに「ブラウンライスカフェ」で提供しているのはヴィーガンの和食です。理由は、和食は時代のトレンドに左右されないものであり、世界トップクラスの長寿民族である日本人の健康寿命の源でもあるからです。

ニールズヤードレメディーズ
ニールズヤード レメディーズの全てが詰まった表参道の“エコビル”。オーガニック和食を始め、“身体と心に良いもの”と出会える場所だ。
【ニールズヤード レメディーズ表参道本店 NEAL’S YARD GREEN SQUARE 】東京都渋谷区神宮前5丁目1〈SHOP〉11:00-20:00 TEL. 03-5778-3706
〈RESTAURANT〉11:30-18:00 TEL. 03-5778-5416

もう一つ、イギリス本国のニールズヤード レメディーズがファミリービジネスで経営されていることも大きな特徴です。日本では僕が本国に干渉されることなく、経営の主導権を握っています。個人が経営する限りは、会社の経営方針と製品方針はその人そのものの表現となりますよね。ですから、「トレンドだから」という単純な理由だけで売れる製品作りを行うこともない。経営者の思いや愛情がダイレクトに消費者に伝わりやすいのは大きなメリットだと言えます。

市場に存在しないものや価値を生み出す時代のフロントランナーは、理解を得るまでに時間がかかるため、常に困難なスタートが伴う。それでも、「ロンドンで「ニールズヤード レメディーズ」1号店を訪れたときピンときた。環境と健康が一つになる時代が必ず来る」と信じ、貫き、そして成功を収めた梶原さんのある意味“ロック”なスピリットには脱帽だ。今や日本ではオーガニックは広く認知され、一方の海外では和食の素晴らしさが注目され、錚々たるトップシェフが和食修行に来日する時代へと激変している。多様性が広がり、様々な価値観が日々生まれるこれからの時代、地球への真っ直ぐな愛に裏付けられたニールズヤード レメディーズのブレない哲学は、ますます重要視されることだろう。

女性/男性、ヨガやスポーツに。「ニールズヤード レメディーズ」からのオススメ

ニールズヤードレメディーズ
左から:アロマパルス メディテーション 9ml ¥1,800(税抜)、レモン&コリアンダー デオスプレー 100ml ¥2,700(税抜)/共にニールズヤード レメディーズ 問い合わせ先:0120-316-999

アロマパルス メディテーション

「香りのブレンドが瞑想や心を落ち着かせ、集中力を高めてくれるアロマはヨガのためにあるようなロールオンタイプの製品。いつでも手軽に使っていただけると思います」。ロングセラーのアロマパルスシリーズに昨年加わった新作「メディテーション」は、フランキンセンス、ベチバー、サンダルウッドなど、その名の通りマインドフルネスな時間を一層深めてくれるハーブのブレンドが魅力。

レモン&コリアンダー デオスプレー

ヨガの前後にすぐに使えるデオスプレー。「爽やかなレモンとコリアンダーの香りが、気になる汗の不快感を一掃してくれます。また、使用後のヨガマットにシュッとひと吹きなど衛生対策にもおすすめです」。脇など乳腺に近い部分に使用するアイテムのため、パラベン、防腐剤、アルミニウム化合物など近年乳ガンとの関係が懸念されている成分は一切排除しているところにブランドならではの心遣いが。

ライター/横山正美

ビューティエディター/ライター/翻訳。「流行通信」の美容編集を経てフリーに。外資系化粧品会社の翻訳を手がける傍ら、「VOGUE JAPAN」「etRouge」(日経BP)「NikkeiLUXE」等のメディアでセレブリティインタビューを始めビューティ関連の執筆活動中。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ニールズヤードレメディーズ
ニールズヤードレメディーズ
ニールズヤードレメディーズ
ニールズヤードレメディーズ
心地よいエコライフを、100年後の美しい世界に引き継ぐために。ニールズヤード レメディーズの信念
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する