ヨガで脂肪燃焼するために大切な3つのポイント

Adobe Stock

ヨガで脂肪燃焼するために大切な3つのポイント

yurina
yurina
2020-07-15

「ヨガって痩せるの?」そんな疑問をよく耳にします。今回はヨガで脂肪を燃焼するために抑えておきたい3つのポイントをお伝えします!

ヨガで脂肪燃焼はできる?

みなさんは「脂肪燃焼」と聞いて、何をイメージするでしょうか?

走ったり、激しい動きをして有酸素運動をするイメージ?それとも、大きな筋肉を鍛えること?

work
photo by Unsplash

”脂肪燃焼”というワードだけに、なんだかキツそうで、ハードなイメージが湧いてくるのではないでしょうか。

そんなハードなイメージとは違って、ヨガはどちらかというとゆっくり動くもの。ヨガは激しい動きは少ないので、「ヨガで脂肪燃焼する!」と言われても、ピンとこない人の方が多いと思います。

脂肪燃焼をするには、有酸素運動と筋肉量を上げ、基礎代謝をアップさせるのが有効です。そして燃焼したものをデトックスすることも必要です。

実はヨガはこれらの脂肪燃焼するための条件が揃っているのです!

ではヨガでどのように効率よく脂肪燃焼すればいいのか?3つのステップに分けてご紹介いたします。

①深い呼吸をしながら繰り返しポーズをとって有酸素運動!

ヨガでは常に呼吸をすることが大切であり、呼吸とともに体を動かすことが基本。この呼吸とともに繰り返し動き、ポーズを取ることで有酸素運動に繋がり、脂肪を燃焼しやすくしていきます。

例えばよくヨガクラスの序盤で出てくるキャット&カウのポーズ。

cat
photo by Unsplash

吸う息で胸を前に開き、吐く息で背骨を丸める...というシンプルな動きですが、吸う息・吐く息と合わせて体を動かすのを繰り返すことで脂肪を燃焼しやすい”有酸素運動”になります。

ヨガでより脂肪燃焼効果を高めるためには【呼吸とともにポーズを繰り返す】これがポイントとなってきます。優しいポーズから体幹を使うハードなポーズまで、どれもこのポイントを抑えるだけで脂肪燃焼効果を高めることができます。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

cat
work
三日月のポーズ
ヨガで脂肪燃焼するために大切な3つのポイント
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する