行き詰ったときに試したい「想像力」を目覚めさせる4つのヒント

Photo by PIXTA

行き詰ったときに試したい「想像力」を目覚めさせる4つのヒント

今回ご紹介するヨガ、瞑想のプラクティス、デジタルデトックスのヒントなどを試して、心の壁を乗り越え、焦点をはっきりさせて想像力を目覚めさせましょう。

アイデアや想像力が必要なとき、どうしてる?

想像の世界…

夜明け前の静かな朝、十分な休息の後、自分の神聖なワークスペースに足を踏み入れ、誰にも邪魔されずに智の女神との濃密な時間を過ごす心の準備ができています。ペンや絵筆、ギターのピックを楽しみに拾い上げると、水のごとくクリエイティブなインスピレーションがあなたの中へと流れ込み、潜在意識から言葉や線や音符が押し寄せてきます。

現実は…

運が良ければページにいくつかの優れた文章が現れたり、心に語りかけるいくつかの色を手に取ったり、新曲の歌詞の最初の二行を書き下ろします。そして行き詰まります。スマホが鳴ったら本能的に手を伸ばし、気づいたら、スマホをスクロール。淹れたてのコーヒーは冷たくなり、お腹も減り、飼い猫もまたお腹が減っています。シャワーもそろそろ浴びないといけません。そういえば歯は磨いたんだっけ?なんて考えてしまいます。

行き詰ったときは、エネルギーを動かす「ヨガ」がおすすめ

実際のところは、何度あなたが「始めて、立ち止まって、また始めて」を繰り返したとしても、クリエイティビティというのは、あなたが費やす1時間、1日、さらには10年間にどれだけ何かを生産したかで決まるものでは決してありません。独創性溢れるアイディアや想像力というのは人間としての経験の特徴が顕著に現れます。

あなたの持つクリエイティビティが伝統的に素晴らしいアート作品や発見として世に出ようとも、想像や発明を具現化しようとも、静寂の時という形で現れようとも、私たちは皆クリエーターです。私たちは時間と自信を手に入れるためのプラクティスを作成し、確立できるよう自ら努力すれば良いだけなのです。ヨガマットはそれを始めるのに良い場所です。プラクティスすると、自らの思考や判断、そしてついつい先延ばしにしてしまう心の状態から抜け出して、体へと入って行き、行き詰まったエネルギーを動かし、身体の中にある智の女神を目覚めさせます。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

By ANDREA RICE AND LISETTE CHERESSON
Translated by Hanae Yamaguchi

All photosこの記事の写真一覧

yoga image
book image
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する