内旋・屈曲できる股関節へ|ワシのポーズが上達する2つの方法

Sayaka Ono

内旋・屈曲できる股関節へ|ワシのポーズが上達する2つの方法

ヨガポーズがグラグラしてしまう人は、「骨盤」が姿勢の中心に置かれていないのかも。さらに骨盤につながる「股関節」の高さが左右バラバラだと、ますます不安定に…。そんな時は、股関節の6つの動きで股関節の高さを左右平行を保つトレーニングがおすすめ! 屈曲・伸展、内転・外転、内旋・外旋という6つの動きを柔軟に行いながら、ポーズの安定感を高めましょう!今回は、股関節をしっかり内旋・屈曲させて「ワシのポーズガルーダーサナ)」を上達させる方法です。

「ガルーダーサナ」で脚が開く&出っ尻でグラつく

股関節を屈曲させ、上の脚ものせるだけではなく両脚とも雑巾を絞るように股関節をしっかり内旋し続けるからこそ、重心が中心に集まり、バランスが安定してきます。

Before

内旋力が弱いと…
片脚をのせただけで内旋力が弱いと、左右の股関節が傾いて不安定。

内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
photo by Sayaka Ono

屈曲できていないと…
内旋はしていても屈曲できず出っ尻だと、骨盤が姿勢の中心から後退してグラつく。

内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
photo by Sayaka Ono

After

屈曲・内旋ができている状態。

内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
photo by Sayaka Ono

「ガルーダーサナ」を安定させる2つの方法

1.股関節が屈曲する力をつけ、出っ尻を解消して骨盤を中心へ

骨盤が中心より後ろにズレる出っ尻は、股関節を屈曲する力を深めるこのワークで改善。屈曲する力に左右差があるかもチェック!

やり方
1.四つん這いになったら、股関節を引き込む動きを意識しながら、左のお尻を右のかかとにゆっくり下ろして。

内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
photo by Sayaka Ono

2.かかとにタッチしたら10呼吸。反対も同様に行う。タッチできない側があれば、無理せずその位置で、10呼吸長くキープ。

内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
photo by Sayaka Ono

後ろから見ると

内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
photo by Sayaka Ono

photos by Sayaka Ono
hair&make-up by Kyoko Suzuki
text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.68掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
内旋・屈曲できる股関節へ|わしのポーズが上達する2つの方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する