後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは

IKKEN

後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは

完成形にとらわれ、力技でポーズをとっている人、いませんか?そうした頑張りは逆効果。頑張るなら、ここ!というポイントを押さえると、見違えるほどきれいに、そして上達も早くなります。今回は後屈ポーズの時の頑張りポイントをご紹介。

よくある後屈の間違いとは

上半身だけで頑張るとつらいだけのポーズになってしまいがちな「後屈ポーズ」。反ることに一生懸命になると腰だけで曲がって危険。肩もすくんでしまいがちです。上半身と同じくらい下半身にも意識を向けると体幹が働き、快適に胸を開くことができます。

無理して反るのはNG

「体をいっぱい持ちあげなくちゃ!反るのに一生懸命!」でも…腰がつらそうだし、足幅もバラバラ…

後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
photo by IKKEN

コツは、足の甲で真下に押すこと

足の甲を床に向かって真っすぐ押せると、上方向に伸びが伝わり、自然と体は持ち上がる。斜めに押していると力が逃げ、下半身も落ちてしまうので注意。

POINT:くるぶしを寄せ合う意識を持つと◎

photos by IKKEN
model by Rin Ishikawa
hair&make-up by Rika Imazeki(P-cott)
illustration by Misako Nakagawa
text by Megumi Nishijima
yoga Journal日本版Vol.66掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
後屈ポーズでやりがちな間違い|一気に上達する改善ポイントは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する