お芋は冬の美容食♡ギルトフリーな「さつまいも」おやつのススメ

Getty Images

お芋は冬の美容食♡ギルトフリーな「さつまいも」おやつのススメ

佐藤 舞
佐藤 舞
2019-12-24

今が旬、甘くてほっこり美味しい「さつまいも」。冬の季節に寒さが増すと、無性に食べたくなる方も多いのではないでしょうか。糖質制限ブームの影響もあり、お芋は糖質が多いから太りやすいのでは…と敬遠してしまう方も多いですよね。しかし、食べ過ぎには気をつけてバランスよく食べれば、お芋は女性にとって、嬉しい栄養を豊富に含む冬の美容食でもあります。

冬の美容食「さつまいも」

冬は食欲が向上し、太りやすい季節。体温維持のためにエネルギー効率の良い糖質を好む傾向にあるため、甘い物を食べたくなるのは、体が欲している自然なサイン。そして、今が旬な「さつまいも」は、糖質の高さから太りやすく思われがちですが、一方で豊富な栄養素を含むため「冬の美容食」と言えます。

確かにさつまいもを食べ過ぎると、エネルギー化されなかった糖質が体内に蓄積されて太ってしまう事があります。しかし、食べ過ぎには気をつけてバランスよく食べれば問題なし。

昔から「芋好きは病気知らず」といわれますが、特にさつまいもは栄養豊富で消化も良く、手に入りやすいので日頃の美容食として続けやすいのも特徴です。そんな、甘くて、美味しくてヘルシーな「さつまいもの」の美容効果と食べ合わせをご紹介します。

むくみオフ!体を巡らせる、さつまいもパワー

冬の女性の悩みには、太りやすかったり、からだの「むくみ」が気になりますよね。そこで意識して補いたいのが栄養素の「カリウム」です。カリウムには体内の余分なナトリウムを排出し、むくみを解消してくれる働きがあります。また、むくみ対策として、日頃から温かいものを食べるようにして、体を冷やさないことを意識しましょう。

さつまいもにはエネルギー代謝を良くするビタミンB群も含まれています。糖質、脂質を燃やしてエネルギーを作り出したり、糖質の代謝を手助けするビタミンを含むため、燃焼力のアップをサポートしてくれます。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する