3分動画|肩・胸・背中をゆるめて「姿勢グセ」を改善する方法

Hale Pule

3分動画|肩・胸・背中をゆるめて「姿勢グセ」を改善する方法

アーユルヴェーダとヨガを30年以上実践し、何千人もの依存症や摂食障害、自律神経失調症をはじめとする数々の問題を克服するのを支えてきたマイラ・リューイン氏が、姿勢の癖を改善し、正しい姿勢で頭を支える筋肉を鍛えなおすメソッドを教えてくれました。

姿勢は改善できるもの

身体というのは、あなたの感情を簡単に感じ取ります。時には、あなたの心よりも効果的なツールになることができるでしょう。姿勢を観察するだけで、以下のように今のあなたの心の状態がわかります。

・危険を感じている:感覚器官を使った前かがみの前傾姿勢
・諦めている:猫背で縮こまった胸
・ストレスを感じている:肩が強張り、耳の方に上がっている

時間が経つにつれて、あなたの身体は一貫性のある感情のパターンを覚えて、その姿勢が習慣化するようになります。けれども、どんな習慣でも変えることができます。

その癖を改善するツールとなるのが、調和とバランスの取れたヨガのアーサナの練習です。Hale Puleでは、練習の始めにショルダーシミーを取り入れて、ようにします。

姿勢のクセを直す「ショルダーシミー」

伝統的なヨガの経典にはショルダーシミーは載っていませんが、パソコン作業や車の運転から生じる現代社会によくある不調や、アナハタ(ハートチャクラ)に溜まった感情の重荷を手放すのにもぴったりの改善法です。このアーサナは、「もう止めたい。」と思っても止めずに続けることで、真の力が発揮される数少ないアーサナの一つです。

効果

このポーズは、肩、背中の上部、胸の筋肉を緩め、ハートチャクラを開きエネルギーを流すのに最適なポーズです。姿勢の改善にもつながります。正しい姿勢で行えば、頭を支える筋肉をきちんと鍛え直すことができます。そうなると心は開き、あなたが進む道へと導いてくれるでしょう。ショルダーシミーを毎日行うことで、上半身のエネルギー経路のスペースが広がり、精神の集中力を高めます。

やり方

1.正しい姿勢の状態をつくります。

・頭は肩の真上の位置
・顔は真正面を向く
・足のつま先を前に向ける

 3分動画|肩・胸・背中をゆるめて「姿勢グセ」を改善する方法
正しい姿勢/Photo by Hale Pule

2.両肩を上下に動かします。

3.左右の肩を交互に、できるだけ耳に近づくまであげます。

3分間を目標に行いますが、関節に鋭い痛みが生じる場合は、短い時間から始めて時間をかけながら徐々に増やしていきましょう。この練習中に、辛くなったら自分に微笑みかけるといいでしょう!

動画をチェック!

ポイント

・このポーズは、姿勢を矯正するためのものなので、練習するときは姿勢を正して行うのが大切です。

・ショルダーシミーは、肩の上下の動きです。肩のみを動かし、胴体を左右に動かさないようにしましょう。

・このポーズを練習するときは、滑らかな動きを保ちましょう。左右の肩をうまく同調させて動かします。肘を曲げずに自然に下ろしたまま行いましょう。

ライター/マイラ・リューイン
アーユルヴェーダとヨガを30年以上学び実践する。何千人ものクライアントが本来の自然なバランスのとれた健康を取り戻し、依存症や摂食障害、自律神経失調症をはじめとする数々の問題を克服するのを支えてきた。ニュージーランドを拠点とするHale Pule アーユルヴェーダ & ヨガの創設者・代表として、この2つの変容の科学を学び癒しを得るための幅広い機会を提供する。その内容は、アーユルヴェーダ・ヘルス・コンサルテーションからヨガ・アーユルヴェーダ指導者養成コースにいたるまで多岐にわたる。栄養学とアーユルヴェーダの2方面からコンディションづくりをサポートする食事と、ヨガのクラスが愉しめる今最も注目のコンセプトショップ「THE B」にて、アーユルヴェーダメニューを監修。インスタアカウント:@halepule japan

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

 3分動画|肩・胸・背中をゆるめて「姿勢グセ」を改善する方法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する