家族の振舞いにイラッ!「近過ぎてぶつかる」を防ぐには?

Getty Images

家族の振舞いにイラッ!「近過ぎてぶつかる」を防ぐには?

南 舞
南 舞
2019-11-22

「家族」といえど自分とは違う人間。一緒に暮らしているからこそ不満を感じたり、ネガティブな感情を抱くこともありますよね。他人より家族にそういった感情を抱きやすいのはなぜ?ストレスを極力ためないためにできることは?すぐにできる心理学のスキルを臨床心理士である筆者がお伝えします。

なぜ家族にストレスを感じるの?

夫婦、親、きょうだいなど、家族という存在がいることで安らぎを感じたり、幸せに思うこともある一方、「何で○○してくれないんだろう」「どうして○○できないの?」など不満やネガティブな感情を感じることってありませんか?それがきっかけで時に大喧嘩になったり、直してほしいと伝えても理解してもらえずに余計にイライラしたり。一番身近にいて理解しあえるはずなのに、なぜ私たちは家族とぶつかってしまうのでしょうか?

相手を変えようと一生懸命になるから

家族とは一緒にいる時間も長いため、物理的にも精神的にも距離が近くなりやすく、良いところよりも悪いところの方が目に付くようになりがち。衝突しやすくなり、そんなときに私たちが起こす行動や言動は、「○○すべきじゃない?」「○○してよ!」など相手を変えようとしていることが多くありませんか?

アメリカの精神科医であるエリック・バーンによると、「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」のだそう。つまり、自分以外の何かを変えようとするのは不可能に近いことなのです。

考え方の違いを認識できていないから

こういった思考は心理学において、自動思考と呼ばれます。自動思考は、気づくと自然に浮かび上がってくるくらい自然なクセになっていたり、一見事実のように見えて、実は事実でないことが多いのが特徴。あなたの中で当たり前と思っていることが、家族にとっては当たり前でないなど、家族とは言えども実は全然違う考え方だったというのはよくある話なのです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する