宇宙とつながるとは…?|瞑想で活性化する3つの神経ネットワーク

Abigail Biegert

宇宙とつながるとは…?|瞑想で活性化する3つの神経ネットワーク

瞑想をすれば私たちみんなを結びつけている宇宙の生命力に触れやすくなる。

大きな存在とつながる瞑想

私たち一人ひとりの内側には、どんなことが起きても変わらない落ち着き、安らかさ、喜び、静寂がある。ただ、そのような気持ちに触れることができないように思えるときがある。そんなときこそ瞑想が役立つ。

定期的に瞑想を行うと、宇宙の生命力(サンスクリット語でシャクティと呼ばれる)に同調するようになっていく。この生命力は、私たちの体の隅々に存在する原子、宇宙全体に存在するあらゆる原子に生気を与える根源的なエネルギーだ。その名前から受ける印象とは違って、手が届かない非現実的なものではない。

最近行われた神経科学の研究によって、瞑想を行うと神経回路網(脳や脊髄の灰白質を通じて複雑なパターンの電気信号を伝える相互につながった神経のネットワーク)のスイッチが入ったり切れたりすることが明らかになった。また、それによって脳の配線がつくり直されて、ヨガの世界でシャクティと呼ばれるものと関係のある感情に触れられるようになることもわかっている。

by Richard Miller,PhD
illustration by Abigail Biegert
translation by Setsuko Mori

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する