雑菌だらけ?!夏のヨガマットお手入れ方法

Getty Images

雑菌だらけ?!夏のヨガマットお手入れ方法

伊藤香奈
伊藤香奈
2019-07-29

あなたのヨガマットの汗や雑菌、大丈夫ですか?夏は特に皮脂汚れや匂いに気をつけたいもの。こまめに手入れをして、気持ちよくヨガができる環境を整えましょう。

夏のヨガマットは雑菌だらけ?

暑い季節は、マットについた汗から、部屋の湿度や暑さによって雑菌が繁殖しやすい環境です。たとえ冷房の効いた涼しいスタジオ内のヨガであっても、外でかいた汗や、髪の毛についたほこりなどが汗とからまってマットに付着しています。いつも以上にお手入れを丁寧に行いたいですね。

マットを拭くときのコツ

スタジオにあるヨガマットは、レッスン後に使った人が手入れを行なっていますが、実はほとんどの人がNGな拭き方をしています。除菌剤や洗剤などの液体(スプレーボトルに入れているスタジオさんが多い)を、直接マットに吹きかけるのは大きな間違い!吹きかけて布で拭きとっているようで、水分は完成に乾燥はしていません。湿り気の残った状態でマットを丸めてしまえば、マット内の湿度が高くなることは間違いなし。そこに皮脂汚れが残っていれば、雑菌の温床になってしまうでしょう。除菌剤などの液体は、雑巾やタオルなどの布側に吹きかけてマットを拭くのが正解です。

保管方法のコツ

汗をかいたマットは、すぐに丸めずにしっかりと乾燥させましょう。マットの素材によっては、直射日光により劣化や色落ちをするものもあるため、日陰干しがオススメ。ヨガスタジオであれば、衣服をかけるハンガーラックにマットをかけるのもGOOD。自宅であれば、洗濯物干しやお風呂の浴室乾燥を利用するのも良いでしょう。毎日はできなくても、定期的に乾燥DAYを作って、マットをしっかりお手入れし、お休みさせてあげるのも良いでしょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する