上手な怒りの表現方法が知りたい…「怒りの感情のアサーション」とは?

Getty Images

上手な怒りの表現方法が知りたい…「怒りの感情のアサーション」とは?

石上友梨
石上友梨
2019-07-15

怒りの感情に悩んでいる方はいらっしゃいますか?なんとか怒りを自分の中で処理できたとしても、怒りを相手に表現する際に、失敗してしまうことがあると思います。強く怒りすぎてしまったり、遠回しに言いすぎて相手に伝わらなかったり…今回は上手な怒り方や表現方法を紹介します。

怒りを適切に表現する必要性

 怒りは、「期待と現実にズレがあること」を教えてくれるサインです。「怒りの後ろには困りごとが隠れている」と以前の記事でご紹介しました。例えば、部下が締め切りまでにプレゼン資料をまとめてくれると思ったのに、すっかり忘れていた。恋人が自分とのデートを優先してくれると思ったのに、残業がなかなか終わらない。怒りとは、自分や他人に対して「期待」していたのに、現実はズレがあり、困っている状態です。

しかし、いくら期待と現実にずれがあると分かっても、現実的に困りごとがある場合は「問題に対処する」必要が出てきます。困りごとが自分の問題であったり、自分ひとりで解決できる場合なら良いですが、どうしても他人に何かを伝えないといけない場合もあるかと思います。その際、冷静に相手に伝えられず、怒りの感情を伴って伝えてしまうと、人間関係にヒビが入ったり、問題が解決しにくくなることさえあります。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する