子供の偏食に悩むママへ心が軽くなるアドバイス

PIXTA

子供の偏食に悩むママへ心が軽くなるアドバイス

好き嫌いが始まる幼児期

その後にやってきたのが、好き嫌いが始まる年齢として、専門家たちの間で意見が一致する幼児期だ。この時期の子どもたちは、つねに動き回り、頻繁に間食をし、乳児期からそれだけで生きていけるほどの脂肪を蓄えている。こういったことすべてが原因となって、子どもは食事の間、静かに座っていることができないのだ。また、幼児期はちょうど、自分が周囲をどのくらいコントロールできるのかを試し始める時期でもある。「幼児が両親のする多くのことに対して反抗するのは自然なことです」と、有名な小児科医のウィリアム・シアーズの息子で、3人の子どもの父親でもある医師、ボブ・シアーズは言う。「食べ物の拒否は、幼児の心的傾向の一部にすぎません」

子供の偏食に悩むママへ心が軽くなるアドバイス
(Photo by PIXTA)

 息子が幼児期に入った頃は、仕事のスケジュールが立て込んできている時期だった。帰宅が遅くなったときには、ケサディーヤ(トルティーヤにチーズや牛肉などをはさんで焼いたもの)やグリルしたチーズのサンドイッチなど、早くて簡単な料理をつくった。全粒粉のパンやオーガニックのチーズを使ったから、毎晩ファストフードを食べているというわけではなかったが、それはいわゆる「バランスのとれた食事」と呼べるものではなかった。料理をしても、息子は9割方は食べてくれなかった。「これが今日のディナー。食べても食べなくてもどっちでもいいわよ」と原則として言うべきだと信じていたが、実際は、息子の血糖値が下がったときに、私は小さな社会病質者を抱えることになった。そこで、その事態を避けるための数種類の食べ物を与え、それでお腹をいっぱいにさせた。あっと言う間に、息子はそれらしか食べなくなった。私は息子の周りをうろうろし、言いくるめようとしたり、説得したりした。いらいらしたり、落胆したりもした。そして、ディナーの時間が恐ろしくなった。それはまさに争いで、紛れもなく自分の問題だった!

目先の問題だけに囚われてはいけない

私たちが食事と長期的な健康の結びつき、つまりバランスのとれた、野菜を基本とした食事がもたらす恩恵や、栄養分が取り去られてしまった加工食品の摂取がもたらす悪影響について耳にする機会は、日々増え続けている。研究によると、母親が妊娠、授乳中に食べたものは、幼児の嗜好に影響するということだが、赤ちゃんが離乳食を始めたときに口にするものに関しても同じことが言える。専門家によっては、果物の前に野菜を与えるようアドバイスするのは、こういった理由からだ。現在では、遺伝さえもが好き嫌いの要因のひとつになると考えられている。どのように子どもをおだて、そそのかし、仕向け、だまして体によいバランスのとれたものを食べさせるかに関するアドバイスはいくらでもあるが、それと同じくらい、断固として食事を拒む子どもの母親が感じる罪の意識も計り知れないものがある。

しかし、ほとんどの専門家は、子どもが食べるか食べないかではなく、色々な種類の中から選べるようにさまざまな自然食品を与えていれば、好き嫌いは一時期のことにすぎないと考えている。「4〜5歳になる頃には大部分の子どもが好き嫌いがなくなります」とシアーズも言う。

私が感じたようなジレンマも決して珍しいことではない。シアーズは「健康的な食事を好む子どもに育てるという、より大きなゴールを見据えるようにすることです」と助言する。「幼児期は、両親が岐路に立たされるときです。子どもが 2、3年間ほとんど何も食べないのに体によい食べ物を与え続けるか、それともカロリーを得るためだけに、子どもがよく食べるあまりヘルシーでない食事を与えるか。私は、ほとんど何も食べなかったとしても、体によい食事を与える道を選ぶほうがいいと考えます」

私はブロッコリーの茎ひとつを食べるか食べないかに言い争いをするのも、永遠に繰り返すパンとチーズの食事の準備をするのにも疲れきってしまった。それよりも、この意志と意志との争いの中で、本当に問題になっていることを見失いたくなかった。手に負えない我が子にほうれん草をひと口食べさせることは、短い目で見れば勝利と言えるかもしれないが、長い目で見れば、体によい食べ物を味わい、それが体の中でどう感じられるのかに気づくことを教える方法ではないことは分かっていた。私は、自分が子どもに食事を与える役目を果たし終えたとき、どのように食事すべきなのかを彼自身に学んでいて欲しいのだ。

Translated by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版25号

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

子供の偏食に悩むママへ心が軽くなるアドバイス
子供の偏食に悩むママへ心が軽くなるアドバイス
子供の偏食に悩むママへ心が軽くなるアドバイス
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する