蒸し暑い季節の食欲不振を予防!胃腸まわりをほぐすヨガポーズ3つ

Nana Suzuki

蒸し暑い季節の食欲不振を予防!胃腸まわりをほぐすヨガポーズ3つ

暑い季節が近づくにつれ、みるみる食欲がなくなって体調を崩してしまった…なんてことはありませんか?人気ヨガインストラクターの佐藤ゴウ先生が、蒸し暑い時期に陥りやすい「食欲不振」をヨガで解決してくれます♪

クーラーで体の外側からキンキンに冷やされ、仕事中はアイスコーヒー、仕事終わりにはジョッキでビールが止まらず体の中からも冷えて、胃腸が悲鳴を上げているかも。食欲が落ちて夏バテまっしぐら、そうならないためにヨガで早めの対処を心掛けよう。

食欲不振の原因:体の冷やしすぎによる胃腸まわりのこわばり

冷えは女性の悩みと思いがちだが、クーラーに長時間あたったり、冷たいものをとりすぎたりする夏場は男性も他人事ではない。体が冷えると内臓の筋肉硬化が起こり血流は悪化、消化力が落ちる。胃腸を刺激して活性化を図ろう!

0
巡りが悪くなり胃腸の働きが低下。消化力が落ちて食欲減退、という悪循環に陥ってしまう…/Photo by Shoko Matsuhashi

消化力の低下が招く症状とは

・下痢
・便秘
・吹き出物
・口臭
・不安
・胃もたれ

消化力を高める!胃腸を活性化させる3つのヨガポーズ

1.腸を温めてゆるめる「椅子に座ったガス抜きのポーズ」

仕事の合間にデスクの椅子に座ったまま行えて、腸を集中的に刺激して温め、働きを良くするワーク。背中を丸めてゆるませると、背骨から腸につながる自律神経の圧迫が解かれて血液の流れがスムーズになりやすい。体の冷えを感じたらオフィスで定期的に行ってみよう。

HOW TO

1.椅子に座った状態で片足ずつ膝を抱える。腸の主要部分である、左側の下行結腸と右側の上行結腸を圧迫して血流を促進。呼吸は息を深く吸って吐き切り、腹式呼吸を意識する。5呼吸行う。

椅子 ガス抜きのポーズ
右足を抱えて5呼吸/Photo by Shoko Matsuhashi

2.反対側の足を抱えて同様に行う。

椅子 ガス抜きのポーズ
左足を抱えて5呼吸/Photo by Shoko Matsuhashi

POINT:背中を丸める

椅子 ガス抜きのポーズ
Photo by Shoko Matsuhashi

体が硬い人は: 膝を曲げにくいときは浅く座って行うとよい

胃のまわりの筋肉をほぐす「門のポーズ」

こわばった胃にアプローチするには、側屈の動きが効果的。胃は左側にあるので、体を右に倒して左脇腹を伸ばす側屈を2回行い、胃のまわりの筋肉をしっかりほぐしていこう。息を深く吸って吐いて、呼吸で胃をマッサージする感覚で行うとより高い効果が期待できる。

HOW TO

1.膝立ちの状態から右膝を伸ばし、上半身を右側へ倒し左腕は上方へ。

門のポーズ
Photo by Shoko Matsuhashi

2.反対側も同様に行い、再度左脇腹を伸ばす。

門のポーズ
5呼吸/Photo by Shoko Matsuhashi

POINT:斜め上に伸びるより、背中にカーブをつくって体を倒すと脇腹のストレッチが深まる

内臓を活性化させる「サイドプランクのアレンジ」

腹斜筋や腹横筋といった体幹部を使うことで芯から温まり、内臓の活性化に効果的。冷え性の人はセルフプラクティスに取り入れてみて。バランス感覚が必要なので集中力も養われ一石二鳥!

サイドプランク
胃腸の調子が整うと胸が開き脇腹が伸びる!/Photo by Shoko Matsuhashi

教えてくれたのは…佐藤ゴウ先生
IHTA理事、ヨガインストラクター。YMCにて各クラスを担当。ヨガ哲学を伝え、心身の繊細な感覚を見つめる「感じるヨガ」を展開。各地でのヨガイベントでも活躍中。

Photos by Shoko Matsuhashi
Illustrations by Nana Suzuki
Text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.60掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

蒸し暑い季節の食欲不振を予防!胃腸まわりをほぐすヨガポーズ3つ
椅子 ガス抜きのポーズ
椅子 ガス抜きのポーズ
椅子 ガス抜きのポーズ
門のポーズ
門のポーズ
サイドプランク
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する