人気ヨガ講師に学ぶ強みと個性を活かすヒント|鈴木伸枝先生の場合

MOOK「良いヨガインストラクターになるには」掲載

人気ヨガ講師に学ぶ強みと個性を活かすヒント|鈴木伸枝先生の場合

リピートする生徒がどんどん増えていく先生になるにはどうすればいいの?いまトップクラスの人気を誇る先生たちの、魅力の秘密に迫ります!今回は、パーソナルレッスンに特化したヨガスタジオを主宰する鈴木伸枝先生をご紹介します。

一人ひとりに寄り添うパーソナルスタジオを主宰する鈴木伸枝先生

窓から神宮の森を望む住宅街で、パーソナルレッスンに特化したヨガスタジオを主宰する鈴木伸枝先生。ヨガスクールの専属講師からフリーに転身、「一対一で、より効果の出る指導がしたい」と周囲に話していたところ、知人が経営する会社からパーソナルスタジオのスペースを提供されることに。その先の内装デザインから運営は先生が行い、順調に集客を続けています。「オープンするにあたり、メインの生徒さんの層を明確にイメージしました。立地から健康への意識が高い働く女性になると想定して、内装やHPはその層に響く上質さ、高級感を意識。また、『パーソナルヨガスタジオ』で検索すると上位に表示されるようにキーワードを工夫し、広く知ってもらう仕組みづくりを行っています」スタジオ運営に限らず、ヨガを仕事にするなら見せ方や自己PRがとても大切、と鈴木先生。「ヨガが大好きなだけでは、仕事になりません。受け取り手のことを考え、相手に響くように発信する。そこまでを考えて初めて、自分の伝えたいヨガが、提供できるようになるんだと思います」

鈴木伸枝先生
Photo by Shoko Matsuhashi

スタジオの内観。床には柔らかな人工芝のマットを敷き、自然に包まれるような雰囲気に。

スタジオの内観。床には柔らかな人工芝のマットを敷き、自然に包まれるような雰囲気に。
スタジオ内観/Photo by Shoko Matsuhashi

レッスンに欠かせないもの

2種のシンギングボウルを使い分けて心を安定に導く

シャヴァーサナから覚めるとき、生徒さんの心の状態に合わせて音色の違うシンギングボウルを奏でます。「落ち着いてほしいときは重厚な、前向きな気持ちに導くときは明るい音をセレクト」

シャヴァーサナから覚めるとき、生徒さんの心の状態に合わせて音色の違うシンギングボウルを奏でます。「落ち着いてほしいときは重厚な、前向きな気持ちに導くときは明るい音をセレクト」
シンギングボウル/Photo by Shoko Matsuhashi

MYブレンドのハーブティーでレッスン前に緊張から解放

レッスンの前に行うカウンセリングでは、一杯のハーブティーがリラックスの助けに。「ティースプーンでレモングラス2杯、黒砂糖1杯、ローズマリーひとつまみのブレンドが好評です」

レッスンの前に行うカウンセリングでは、一杯のハーブティーがリラックスの助けに。「ティースプーンでレモングラス2杯、黒砂糖1杯、ローズマリーひとつまみのブレンドが好評です」
Photo by Shoko Matsuhashi

自宅練習はマッサージで体をほぐしてから

アーサナ前にはマッサージ。「体の部位はつながり合っているので、狙った部位とつながる部位を刺激すると効率よくほぐれます」

母指球の内側を痛みがほぐれるまでもむ。開脚前屈が楽に。
母指球の内側を痛みがほぐれるまでもむ。開脚前屈が楽に。

足の中指をつかみ、前後に各10回転。体がねじりやすくなる。

足の中指をつかみ、前後に各10回転。体がねじりやすくなる。
足を回すことで体がねじりやすく

時間をかけてマントラを唱え自分を深く見つめる

自分の内側を知るためにマントラをゆっくり唱えるのが日課。「声にはメンタルが表れるので、今の自分の状態に気づきます」。マントラの師匠がつくった、音楽&マントラのCDもよく聴くそう。

自分の内側を知るためにマントラをゆっくり唱えるのが日課。「声にはメンタルが表れるので、今の自分の状態に気づきます」。マントラの師匠がつくった、音楽&マントラのCDもよく聴くそう。
マントラを唱える鈴木先生

鈴木先生の活動の様子

ニューバランス主催のスポーツイベントでレッスン

ニューバランス主催の女性のためのスポーツイベント「GIRLS NIGHT OUT」。ピラティス、ランなどさまざまなスポーツクラスがあるなかで、ヨガクラスを担当。

ニューバランス主催の女性のためのスポーツイベント「GIRLSNIGHTOUT」。ピラティス、ランなどさまざまなスポーツクラスがあるなかで、ヨガクラスを担当。
「GIRLS NIGHT OUT」にて

少人数で行う「カフェヨガ」を定期開催

鈴木先生が通う、お気に入りのカフェのマスターにお願いして週に一度、店内で定員7名のヨガクラスを開催。アットホームな雰囲気の中で進行していきます。

鈴木先生が通う、お気に入りのカフェのマスターにお願いして週に一度、店内で定員7名のヨガクラスを開催。アットホームな雰囲気の中で進行していきます。
カフェヨガの様子

生徒さんに聞きました 鈴木先生のレッスンのここが好き!

宮澤礼香さん(ヨガ歴1カ月レッスン歴1カ月)
自分だけに合わせた指導で効果を実感!
私の体調に合わせてレッスン内容を考えてくれるので、体が驚くほどスッキリします!初回は一対一で緊張していましたが、カウンセリングでリラックスできました。

立山ゆか里さん(ヨガ歴3カ月 レッスン歴3カ月)
不調を自分で改善するメソッドを学びました
呼吸を通して内観することや、体のクセや状態を観察して改善するメソッドを学びました。自分で体をメンテナンスできるようになり、長年のこりと冷えが解消!

鈴木伸枝先生プロフィール
ヨガインストラクター。鈴木伸枝パーソナルヨガスタジオ主宰。不調に気づいて心身をベストコンディションに戻す、「調整力を引き出すヨガ」を教えている。

DATA 
ヨガ歴:12年
ヨガインストラクター歴:7年
前職:YMCスタッフ
資格取得スクール:YMC
ヨガインストラクターを目指した理由:体を動かすのが好きで、体育大学で学んだ体の知識も活かせると思ったから
指導のモットー:ポーズをする時間ではなく、自分を知る時間にしてもらうこと
ヨガの学びを深めるためにやっていること:セルフプラクティスと先生の下で学び続けること
体調管理のために欠かさないこと:白湯を飲む、うがいをしっかりする

Text by Ai Kitabayashi
MOOK「良いヨガインストラクターになるには」掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

鈴木伸枝先生
スタジオの内観。床には柔らかな人工芝のマットを敷き、自然に包まれるような雰囲気に。
シャヴァーサナから覚めるとき、生徒さんの心の状態に合わせて音色の違うシンギングボウルを奏でます。「落ち着いてほしいときは重厚な、前向きな気持ちに導くときは明るい音をセレクト」
レッスンの前に行うカウンセリングでは、一杯のハーブティーがリラックスの助けに。「ティースプーンでレモングラス2杯、黒砂糖1杯、ローズマリーひとつまみのブレンドが好評です」
母指球の内側を痛みがほぐれるまでもむ。開脚前屈が楽に。
足の中指をつかみ、前後に各10回転。体がねじりやすくなる。
自分の内側を知るためにマントラをゆっくり唱えるのが日課。「声にはメンタルが表れるので、今の自分の状態に気づきます」。マントラの師匠がつくった、音楽&マントラのCDもよく聴くそう。
ニューバランス主催の女性のためのスポーツイベント「GIRLSNIGHTOUT」。ピラティス、ランなどさまざまなスポーツクラスがあるなかで、ヨガクラスを担当。
鈴木先生が通う、お気に入りのカフェのマスターにお願いして週に一度、店内で定員7名のヨガクラスを開催。アットホームな雰囲気の中で進行していきます。
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する