手を使ったストレッチで体が柔軟に!?「開脚」が深まるワーク

Kenji Yamada

手を使ったストレッチで体が柔軟に!?「開脚」が深まるワーク

美しい開脚をマスターするには入念なストレッチから。手を使って筋肉を動かしていくと、脚の開き具合がかなり変わってきます。理学療法士でヨガインストラクターの中村尚人先生に教えていただきました。

開脚しやすい脚へ導くワーク「ローランジ」

ローランジとは、前脚の大臀筋、ハムストリング、内転筋群を伸ばして、股関節の屈曲を促すポーズ。後ろ脚の鼠蹊部も同時にストレッチできます。できるだけ骨盤を下げて行うことがポイントです。

HOW TO

1.左脚を一歩前に出し、右脚は膝を床につける。姿勢をまっすぐ保って坐骨を落とす。左脚の腿裏と右脚の鼠蹊部をストレッチする。

ローランジのステップ
ローランジのステップ/Photo by Kenji Yamada

 

2.左膝を外に開いてつま先も外へ向ける。右脚は膝を伸ばす。肘をついて上体を下げ、左右の股関節をさらに伸ばす。

ローランジのステップ
ローランジのステップ/Photo by Kenji Yamada

 

3.一度上体を起こし、左手で左の太腿の筋肉を膝のほうに向かって押し出す。股関節にすき間ができて脚が開きやすくなる。

POINT:足の筋肉を付け根からはがすように

ローランジのステップ
ローランジのステップ/Photo by Kenji Yamada

Photos by Kenji Yamada
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Illustrations by Misako Nakawgawa
Text by Yasuko Ito
yoga Journal日本版Vol.51掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ローランジのステップ
ローランジのステップ
ローランジのステップ
ローランジのステップ
ローランジのステップ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する