連載|ヨガと私の生きる道 Vol.2「大学からヨガを始めるということ」岩田理佐先生インタビュー

RISA IWATA

連載|ヨガと私の生きる道 Vol.2「大学からヨガを始めるということ」岩田理佐先生インタビュー

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-10-20

ヨガワークライフコンサルタント、ヨガインストラクター向けキャリアアドバイスセミナー講師として活躍する伊藤香奈氏が、注目の若手ヨガインストラクターにインタビュー。なぜヨガだったのか、どうやってヨガを伝えていきたいのか…ヨガと向き合う等身大の姿勢を取材しました。現役のインストラクターで自分らしい指導を模索している人やこれからインストラクターを目指す人必読です!

10代~20代の若い世代にとってのヨガは、ブームではなく当たり前にそこにあったもの。大学にはヨガ部やヨガサークルが存在し、10代からヨガに触れる機会もたくさんあります。さらにヨガをする親を持った子供は、生まれた時からヨガに触れて育ってきたということも珍しくないでしょう。そんな時代において、若くしてヨガインストラクターを生業とすることを覚悟したひとりのヨガインストラクターがいます。名古屋を中心に活動しながらヨガフェスタの講師など活躍の場を広げている岩田理佐先生に、ヨガへの想いをお伺いしました。

―大学時代からヨガを始めたとのことですが、ヨガを始めたきっかけを教えてください。

岩田先生「私は大学1年生の時にヨガに出会いました。インドのヨガというより、アメリカのヨガですね。『海外セレブは皆ヨガで痩せている!』という記事がネットで出回っていた頃です。ダイエット目的でヨガを始めました。また、私は体育系の学部だったので周りにはスポーツで実績を残してきた友人がたくさんいました。そんな能力の高い同級生に比べて、自分には何も取柄がないな~と思っていたこともあって『どうせならヨガインストラクターの資格とっちゃおうか?』という軽いノリで、すぐに養成講座に通い始めてしまったんです」

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

岩田りさ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する