気持ちよく正しく体側を伸ばす。壁を使った練習で半月のポーズをマスターしよう

Nobuhiro Miyoshi( RELATION)

気持ちよく正しく体側を伸ばす。壁を使った練習で半月のポーズをマスターしよう

体を弓なりに伸ばす「半月のポーズ(チャンドラーサナ)」。体側が硬いと体を倒すとき前のめりになりがちです。人気ヨガティーチャー芥川舞子先生おすすめのワークで、適切な重心移動を覚えましょう。

前のめりを防いで適切に重心移動

体を弓なりに伸ばすポーズ。体側が硬いと、前のめりに倒れがちです。背面を壁につけると、硬くても体側を弓なりに保って伸ばすことができ、自然と安定するポジションに重心移動できます。

あ
チャンドラーサナ Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

HOW TO

1.壁に後頭部・肩甲骨・お尻・ふくらはぎの4点をつけ、両足の親指の付け根を合わせて、かかとを少し開いて立つ(タダーサナの立ち方)。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

2.両腕を頭上に真っすぐ伸ばし、両手を組んで人差し指を立てる。体を壁につけたまま、重心を両足から左足に移動させながら右に体を傾け、5呼吸キープ。逆側も同様に。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

POINT

上半身だけ傾けるのではなく、体側を伸ばして足から手の指先まで、全身で弓状のラインを描く。

上半身が前傾して壁から離れるのはNG

上半身が前傾して壁から離れると、体を傾ける方向の足だけに重心がかかり、バランスが崩れる。

あ
Photo by Nobuhiro Miyosh( RELATION)

教えてくれたのは...芥川舞子先生

ヨガインストラクター。「芥川舞子ヨガスタジオ」主宰。大手ヨガスタジオのトップインストラクターとして活躍し、指導者育成にも携わる。現在はヨガ指導の他、雑誌、TVCMにも出演し、ヨガイベントの講師も務める。一児の母。

Photos by Nobuhiro Miyosh( RELATION)
Hair & make-up by Manami Yaginuma( P-cott)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.56掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する