ハル・ベリーは16時間断食。ジゼルは?ニコールは?定期的にプチ断食をしているセレブたちのこだわり

Getty Images

ハル・ベリーは16時間断食。ジゼルは?ニコールは?定期的にプチ断食をしているセレブたちのこだわり

長坂陽子
長坂陽子
2022-01-01

デトックスやダイエット、胃腸を休めるなどさまざまな効果があると言われているプチ断食。ハリウッドセレブの中にも定期的にプチ断食をしている人がたくさん。そこで今回はセレブがしている断食法を紹介したい。

ジゼル・ブンチェン

ジゼル・ブンチェン
ジゼル・ブンチェン

スーパーモデルのジゼル・ブンチェンは週末に断食を実践している。週に5日は通常に食事をし2日は摂取カロリーを500キロカロリーから600キロカロリーに抑えるという方法だそう。プチ断食をする日の午前中は何も食べずに過ごすのがルール。昼と夜に野菜で作ったスムージーやスープを飲むそう。こうすることで胃腸に残ったものを完全に消化、内臓を休めることができるとか。週に一度、こまめにデトックスすることで大掃除がいらない体にするのがジゼル流。

ジェニファー・アニストン

ジェニファー・アニストン
ジェニファー・アニストン

ジェニファーも時々プチ断食で体をリセット。断食する日の午前中はセロリをジューサーにかけて作ったジュースだけを口にする。ちなみにセロリの独特の香りはアピインとセネリンという栄養成分に由来する。これには精神を落ち着かせる効果があるので気持ちのデトックスもできるそう。

ハル・ベリー

ハル・ベリー
ハル・ベリー

オスカー女優のハル・ベリーは毎日プチ断食を実践。彼女のメソッドは通称「8時間ダイエット」。1日のうち8時間の間にだけ食事をとるという方法である。ハルの場合は朝食は取らず午後2時にその日最初の食事を摂取。ランチとスナック、ディナーを食べたら夜10時以降は何も口にしない。翌日の昼食まで16時間空けることでその日食べたものを完全に消化、体を毎日リセットするそう。食事内容は高タンパク質を意識。食べる時間帯が短くても栄養がきちんと摂れるよう、間食も食事1回分と捉えている。忙しいときにはプロテインバーを持参。お菓子などジャンクなものを口にしないように努力している。

ニコール・キッドマン

ニコール・キッドマン
ニコール・キッドマン

魚介類など脂肪分の少ないタンパク質と野菜をメインに食べているニコール・キッドマン。彼女もハル同様「8時間ダイエット」を毎日実践している。ただし朝食を食べたいニコールは午前10時から午後6時までを食事の時間帯と定め、それ以降は食べないようにしている。体に良い食生活もきちんと消化できなければ台無しになってしまうとニコール。食べ物は口に入ってから大腸に達するまで20時間弱かかるという。16時間何も食べなければすでに体内にある食べ物を消化、体を休めることができる。

セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス
セレーナ・ゴメス

セレーナも「8時間」ダイエットの実践者。彼女の場合は朝食を抜き、午後1時にその日最初の食事を摂取する。午後9時に夕食を食べたら寝るまで何も食べないそう。セレーナ曰く「断食することで体の代謝が上がった」。セレーナの指摘には専門家も同意している。断食をすれば当然体内に食べ物がなくなるので血糖値が下がる。すると血糖値を下げる働きのあるホルモン、インスリンの分泌が少なくなり体はエネルギーを維持するためにカロリーを燃やそうとする。つまり基礎代謝が上がるということ。そのおかげで痩せやすい体質に変わるという。

豪華な食事を口にする機会が増える年始。胃が疲れたと感じたり体が重くなったと感じたらセレブをお手本にプチ断食を取り入れてみるのもおすすめ。早めに食生活をリセット、クリーンなボディで新しい年をスタートさせたい。

AUTHOR

長坂陽子

長坂陽子

ライター&翻訳者。ハリウッド女優、シンガーからロイヤルファミリー、アメリカ政治界注目の女性政治家まで世界のセレブの動向を追う。女性をエンパワメントしてくれるセレブが特に好き。著書に「Be yourself あなたのままでいられる80の言葉」(メディアソフト)など。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ジゼル・ブンチェン
ジェニファー・アニストン
ハル・ベリー
ニコール・キッドマン
セレーナ・ゴメス
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する