【無意識の深層にアプローチ】まっさらな自分、本来の自分に戻る「執着を手放すヨガ」

Kenji Yamada

【無意識の深層にアプローチ】まっさらな自分、本来の自分に戻る「執着を手放すヨガ」

物を捨てられない、過去の恋愛を忘れられないなど、生き方を整えづらくなる原因が「執着心」。「ヨガで執着を手放す」とは聞くけれど、そもそも執着ってなんだろう?無意識の深層にある執着に気づいて手放すためのヨガを誌上レッスンします!

集中×リラックスで執着を手放すシークエンス

体の緊張を解くと、心の緊張や執着がふわっと手放せる……そのために有効な「集中×リラックス」のシークエンス。ヴィーラバッドラーサナⅢとエーカパーダマラーサナは高い集中力(陽)を、その前後で力みを解く(陰)ポーズを、陰陽の波が、最後の完全手放しへと導きます。

【START】 心身に抱えた重荷を手放す宣言を!
正座で背筋を伸ばし、胸の前で合掌を。3呼吸しながら、執着している思考や体の緊張を、ヨガで手放すことを宣言してから始めましょう。
『私は「思考と体の緊張」を手放します!』

執着を手放すためのヨガ②
photo by  Kenji Yamada

まずは1~4のPre-wrokで緊張をほぐす。以降すべてのポーズで、まず「しっかり吐き切る+自然に吸い込む」の3呼吸を意識して。【すべてのポーズを3呼吸ずつ】

1. ウッタナシショーサナ
四つん這いから両手を20~30㎝ほど前に移動し、おでこorあごを床に。上半身を伸ばして3呼吸。

執着を手放すためのヨガ②
photo by  Kenji Yamada

2. マルジャリャーサナ【リラックス】
四つん這いに戻り両手を肩の真下につき、おへそを覗くように背中を丸める。肩甲骨を離し背中を広げて。

執着を手放すためのヨガ②
Relax!
photo by  Kenji Yamada

3. アドームカシュヴァーナーサナ
四つん這いからお尻を持ち上げ、両手とかかとで床を押し、坐骨は天井に引き上げて。首は脱力する。

執着を手放すためのヨガ②
photo by  Kenji Yamada

4. シャラバーサナ
腹這いになり後ろで両手を組み、肩甲骨を寄せながら胸を開く。お尻を締めて脚も浮かせる。

執着を手放すためのヨガ②
photo by  Kenji Yamada

5. ウールドゥヴァムカシュヴァーナーサナ 
腹這いで両手を胸の横につく。両手で床を押しながら背骨をしなやかに伸ばし、胸も解放。腰を反りすぎて痛いときは肘を曲げて。

執着を手放すためのヨガ②
photo by  Kenji Yamada

6. エーカパーダドームカシュヴァーナーサナ
逆転で血流を促進し、片脚上げで集中モードに。両足を揃えて足裏で床を押しお尻を高く上げ、ダウンドッグに。左脚に体重をのせたら右脚を天井へ。

執着を手放すためのヨガ②
photo by  Kenji Yamada

7. ヴィーラバッドラーサナⅢ【集中】
最初の集中ポーズ!上げていた右脚を両手の間におき、足裏で踏みしめ右脚に体重移動。左脚は自然に浮かせ、両手を前に伸ばす。

◎Choice!
は、ヴィーラバッドラーサナⅠからⅢへと①~③の流れで行う、または、どれか1つのポーズを選んでもOK。

①ヴィーラバッドラーサナⅠ 
上げていた右脚を両手の間におき、後ろの左つま先は45度外側に。上半身を天井へ。

執着を手放すためのヨガ②
photo by  Kenji Yamada

②体重移動
上に伸ばしていた上半身と両手を前に倒し、手先を見ながら、前の右脚へ体重を移す。

執着を手放すためのヨガ②
photo by  Kenji Yamada

③ヴィーラバッドラーサナⅢ
左脚は自然に浮かせ、両手を前に伸ばす。

執着を手放すためのヨガ②
Forcus!
photo by  Kenji Yamada

◎4・5に戻り、6・7を反対の脚で同様に。

8. ウッタナシショーサナ
四つん這いに戻り、両手を20~30㎝ほど前に伸ばし、おでこを床に。集中ポーズからひと息休み、ここから再びリラックスモードへ。

執着を手放すためのヨガ②
photo by  Kenji Yamada

9. ウッターナーサナ【リラックス】
両脚を揃えて立ち、上半身を前に倒す。膝が曲がってもいいので、とにかく上半身をダランと、首や肩も力を抜くことを優先して。

執着を手放すためのヨガ②
Relax!
photo by  Kenji Yamada

10. プラサリタパードッターナーサナ
両脚を大きく開いて両手を床に、上半身はダランと脱力。足先を内股ぎみに、拇指球で踏むと安定感が増し、上半身の脱力が深まる。

執着を手放すためのヨガ②
photo by  Kenji Yamada

11. エーカパーダマラーサナ【集中】
2つ目の集中MAXポーズ!

Choice!
11は、ヴルクシャーサナからエーカパーダマラーサナまでを①~③の流れで行う。または、どれか1つのポーズを選んでもOK。反対側も同様に。

①ヴルクシャーサナ
脚を揃えて立ち、右足裏を左腿の内側に。両手を合掌して背筋を伸ばし、お尻を締める。体が揺れても中心軸を感じ取ることに集中。

執着を手放すためのヨガ②
photo by  Kenji Yamada

②エーカパーダマラーサナのアレンジ
上げていた右脚を両手で抱え込み、右膝を胸のほうに寄せる。左の足裏で踏みしめてバランスを保ちながら、股関節まわりをほぐす。

執着を手放すためのヨガ②
photo by  Kenji Yamada

③エーカパーダマラーサナ
抱えた右膝を脇下に入れ、右腕を前からひっかける。できる人は右手を後ろに回し、後ろで両手を組む。

執着を手放すためのヨガ②
Forcus!
photo by  Kenji Yamada

12. プラサリタパードッターナーサナ(10と同じ)【リラックス】

執着を手放すためのヨガ②
Relax!
photo by  Kenji Yamada

13. シャヴァーサナ
仰向けで全身を脱力。まるでおでこに置いたバターが溶けていくように眉間の力も抜く。頭は何の考えもない「無」となり1~5分。

執着を手放すためのヨガ②
photo by  Kenji Yamada

【End】手放せた変化を内観、自分に感謝を!
最後に正座になり、胸に手を当て、鼓動が落ち着いた感覚や、何の思考にも追いかけられていない至福を感じ、手放せたことにも「ありがとう!」を。

執着を手放すためのヨガ②
思考も体の緊張も何もない、“浄化された器”に感謝!
photo by  Kenji Yamada

教えてくれたのは…大友麻子先生
ヨガインストラクター。YOGA STUDIO TOKYO主宰。伝説のフリーダイバー、ジャック・マイヨール氏に感銘を受け、1995年頃から世界各地でヨガを学ぶ。現在は都内を中心にヨガやボディワークを指導。ブライアン・ワイス博士に師事し、ヒプノセラピストとしても活動。

photos by Kenji Yamada
hair&make-up by Kyoko Suzuki
edit&text by Ayako Minato
yoga Journal日本版Vol.78掲載

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部ロゴ

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガジャーナル 日本版編集部

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②
執着を手放すためのヨガ②