【後屈ポーズがラクになる】快適なポーズのための「足の位置・意識・重心の置き方」

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

【後屈ポーズがラクになる】快適なポーズのための「足の位置・意識・重心の置き方」

ポーズがツラい、苦しい……そんな悩みを解決するヒントは、ポーズの土台にあり!「反る」「曲げる」「開く」を例に、心地よさを感じるための土台づくりを教えてもらいました。

広告

快適なポーズは土台の安定から生まれる

「本来、ヨガのポーズは安定して快適な姿勢であるもの。息苦しさやツラさなどがある場合は、どこかが間違っているはずです」
そう話す乳井先生。快適であるための要素は色々ありますが、まず大事なのは土台づくりで、これを誤るとポーズが不安定になってしまうといいます。
「ポイントはスタンス、意識、位置、重心。これらを正しく導くことで、快適で、かつポーズによる身体的・精神的な効果も得られるようになりますよ」
ここでは、ポーズの基本になる土台のつくり方を紹介します。
「土台が安定してきたら、アライメントや呼吸などにも意識を向けてみてください」と乳井先生。早速挑戦してみましょう!

後屈のための土台をつくる

後屈のポーズがツラくなるのは、腰や首で反ってしまったり、上半身に気を取られて、足の意識が抜けてしまうから。床との接地面を広げ、みぞおちを前に押し出す意識で行いましょう。

セツバンダ-サナ

腕も土台の一部。しっかり床を押して体を支えます。

【お手本】

快適なポーズのための土台のつくり方④
お手本
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

◆土台のつくり方

スタンス:両足の幅は腰幅をキープする。あまり開きすぎない。

快適なポーズのための土台のつくり方④
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

位置:足の人差し指とかかとを結んだ線を左右平行にする。

快適なポーズのための土台のつくり方④
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

意識:足の指を開く。拇指球でも床を踏み接地面を増やす。

快適なポーズのための土台のつくり方④
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

重心:両足、両腕に均等になるよう体重をのせる。

快適なポーズのための土台のつくり方④
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

◆快適なポーズは…

土台ができたら、両腕と両足で床を押して腰を持ち上げ、肩甲骨を寄せて胸を開く。膝が開くと腰へ負担がかかるので、かかとの内側と拇指球を踏み込んで膝の開きを防ぐ。 

Point!腰を無理に上げず、足裏と手で重心を支えながら、楽に呼吸ができる高さをキープ。

快適なポーズのための土台のつくり方④
OK!
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

やりがち…
両膝が左右に広がると足の指が浮きやすくなり、土台が崩れて胸が持ち上がらない。

快適なポーズのための土台のつくり方④
NG
photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

教えてくれたのは…乳井真介先生 
ヨガ指導歴20年。インドとアメリカを渡り歩きながらさまざまなスタイルのヨガを習得後、リラヨガ・インスティテュートを設立。1000名を超えるヨガ指導者を育成。著書に『ヨーガの魔法』(バードリンク)がある。ヨガ哲学と機能解剖学を融合させた独自のヨガ指導に定評がある。

モデル…池田莉子さん
幼少から新体操を始め、全国大会に出場するなど活躍するが、疲労骨折で引退。その後ヨガと出会い、ヨガインストラクターの資格を取得。現在、雑誌や広告・CMなどでモデル業をこなしながらヨガ講師としても活動中。

広告

photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
hair&make-up by Yagi
text by Hiroko Suzuki
yoga Journal日本版Vol.78掲載

AUTHOR

ヨガジャーナルオンライン編集部ロゴ

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガジャーナル 日本版編集部

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

快適なポーズのための土台のつくり方④
快適なポーズのための土台のつくり方④
快適なポーズのための土台のつくり方④
快適なポーズのための土台のつくり方④
快適なポーズのための土台のつくり方④
快適なポーズのための土台のつくり方④
快適なポーズのための土台のつくり方④