【きつくないのにスッキリお腹に】ぽっこりお腹を凹まそう!寝たまま無理なく鍛えられる「ドローイン」

AdobeStock

【きつくないのにスッキリお腹に】ぽっこりお腹を凹まそう!寝たまま無理なく鍛えられる「ドローイン」

中村優希
中村優希
2021-11-12

気になるぽっこりお腹…。腹筋は辛いイメージがあるから続かないという方必見です!無理なく続けられて効果的な寝たままできるドローイングをご紹介します

ぽっこりお腹の原因とは

●姿勢の悪さ

皆さんは普段の姿勢はいかがですか?姿勢が悪いなと感じている方は、ぽっこりお腹を引き起こしているかもしれません。特に、長時間のデスクワークの方に多く見られますが、肩が前に入りこみ背中が丸くなる猫背の姿勢の方、また女性に多く見られますが、普段からヒールを履く機会が多い方は反り腰の姿勢になりやすいです。

このように猫背や反り腰の姿勢は骨盤が前傾や後傾した状態になります。骨盤が前傾・後傾している状態は骨盤を支え、内臓を支えている体幹の筋肉(インナーマッスル)が使われていない為に本来の正しい位置から内臓が下垂している状態になり、お腹がぽこっと出てしまうのです。

姿勢の悪さ
AdobeStock

●腹横筋の弱さ

胸周辺には大切な臓器を守るために肋骨が支えていますが、お腹には肋骨のような骨はないですよね。そこでお腹の臓器を支える為に力を発揮するのはコルセットのような役割をする腹横筋です。

腹横筋は、インナーマッスルの一つとして知られていて、呼吸筋として息を吐く際に働きます。しかし普段から呼吸が浅かったり、運動不足の人は腹横筋が弱くなり、内臓が正しい位置から下垂している状態になりお腹がぽっこり出てしまうのです。

腹横筋
AdobeStock

腹横筋を鍛えて姿勢を整え「ぽっこりお腹を凹ませる」ドローイン

ドローインはお腹周りの深層筋であるインナーマッスルを鍛えることのできるトレーニング。

インナーマッスルとは腹横筋、多裂筋、横隔膜、骨盤底筋群の4つからなる深層筋群で、コルセットのような役割を果たしています。鍛えることでお腹周りのシェイプアップにつながることはもちろんのこと、姿勢の改善や腹腔内の臓器の位置が安定するといったメリットがあります。

〈やり方〉

①膝を立てて仰向けになります

②両手を腰の隙間に入れます

ドローイン

③鼻からゆっくり呼吸します

④吐く息、腰で両手を押すように下腹部強く。吸う息はお腹を膨らませます。

ドローイン
ドローイン

※5〜10呼吸ほど繰り返しましょう

 

Instagram:yuki.nakamura.yoga

 

AUTHOR

中村優希

中村優希

幼少時代から新体操に打ち込み、大学時代には日本一のチームに所属。会社員時代にヨガと出逢い、その後ヨガインストラクターへ。主宰のオンラインレッスンや板橋のヨガ教室の他、プライベートヨガや企業ヨガ等の出張クラスも行いながら、大規模イベントの講師、ヨガ雑誌などの監修やポーズモデルを多数務めるなど多岐にわたる。長年新体操やヨガで培った経験から、美しい姿勢や柔軟性を高める体の使い方なども伝えている。"心身が整いほぐれるレッスン"効果を感じ分かりやすい!と人気を集めている。 Lani yoga主宰

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

姿勢の悪さ
腹横筋
ドローイン
ドローイン
ドローイン
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する