バッダコナーサナ
(合せきのポーズ)
Bound Angle Pose

バッダコナーサナ

効果のある部位

セラピー効果

ポーズの進め方

1

両脚を前に伸ばして座る。腰または鼠蹊部(脚の付け根)が硬い場合は、ブランケットの上に骨盤をのせる。息を吐き、両膝を曲げて両かかとを骨盤のほうへ引き寄せる。両膝は外側に向けて、両足の裏を合わせる。

2

かかとは、心地よくできる範囲で、できるだけ骨盤のほうへ近づける。人さし指と中指、そして親指で左右の足の親指をつかむ。常に両足の外側は床の上に安定させておくこと。足指をつかむことができなければ、足首またはすねをつかむ。

3

恥骨の前、尾骨の後ろが床から同じ高さになるように座る。会陰部は床とほぼ平行にして、骨盤をニュートラルな位置に。仙骨と肩甲骨を背中に安定させて、胴体の前側を胸骨最上部のほうまで伸ばす。

4

両膝を無理に下に押し付けないこと。大腿骨頭を床の方向へ緩めるようにすると、両膝も下がる。

5

このポーズで1〜5分ステイする。息を吸って両膝を床から離し、両脚を広げて元の位置に戻す。

その他の効果

腹部組織、卵巣と前立腺、膀胱、腎臓の活性化 ・心臓の活性化と全身循環の改善・太腿の内側、鼠蹊部、膝のストレッチ・軽いうつ、不安、疲労の軽減・月経時の不快症状および坐骨神経痛の緩和 ・更年期障害の症状緩和・扁平足、高血圧、不妊症、ぜんそくの治癒 ・妊娠の後期までこのポーズを継続的に練習すると、出産が楽になると言われている。・伝統的な文献によると、バッダ・コナーサナは病気を治し、疲労を取り除く。

禁忌および注意すべきこと

鼠蹊部または膝に故障がある場合:ブランケットの上に大腿の外側をのせて、このポーズを行うこと。

ビギナーへのヒント

両膝を床の方向へ下げることが難しいかもしれない。両膝がとても高い位置にあり、背中が丸くなってしまうようであれば、ブランケットなどを足が床から離れるくらいの高さにして、その上に座る。

関連記事