人に頼むのが苦手な"かくれ繊細さん"がすんなり人に頼めるようになる6つのスキル

Adobe Stock

人に頼むのが苦手な"かくれ繊細さん"がすんなり人に頼めるようになる6つのスキル

「人に頼むのが苦手」「誰かに頼むくらいなら自分でやってしまう」…そんなあなたは、かくれ繊細さんかもしれません。今回は、頼むのが苦手なかくれ繊細さんが人に頼めるようになるためのスキルをご紹介します。

かくれ繊細さんが「なぜ人に頼めないか」「周りを頼れないか」ということについて、前記事でお伝えしてきました。今回はかくれ繊細さんが頼めるためには「頼むスキルを知り、頼み慣れること」と「ぐるぐるする不安を止める」ことが2つの必須スキルであるということについて考察したいと思います。

形から入るとスルリとできるようになる場合もあるので、ここでは「かくれ繊細さんは、どんな風に頼むとよいのか」を6つのスキルでお伝えしようと思います。

1.頼むタイミングを見計らいすぎないようにする

よく、「頼みごとをするときは、気持ち良く仕事を引き受けてもらえるように、相手の気持ちや立場を思いやりながら、伝えましょう」などというアドバイスがありますが、これはかくれ繊細さんに敢えて必要はないと思います。相手の気持ちや立場を思いやることにかけては、呼吸をするようにしてしまう人たちだからです。むしろ、気を使いすぎてしまうことで、頼めなくなってしまっており、誰かに何かを頼もうと思ったときは、相手の様子をちらちらと見てはタイミングを見計らっていらっしゃるのではないでしょうか。そして、見計らいすぎて言い出せなくなってしまうのでは。

ですから、かくれ繊細さんが持つべきスキルは、一般的なアドバイスとは真逆です。キリキリとした表情で切羽詰まっている相手に頼み事を切り出すのは、さすがに避けたほうが良いですが、目を閉じたまま「頼みたいことがあるのでお時間ください」と切り込んでしまうくらいでちょうどよいと思います。タイミングを見はからったり、表情を見すぎてしまわずに「見ないで切り出す」ことを心がけるのです。

具体的にどうすればよいかというと、誰かに頼むときには「首から上を見ない」ということを思い出してみていただけないでしょうか。

「相手の目を見ないなんて失礼だ」と思うかもしれません。その時は、相手の目を見たときと、相手の首から下を見たときの自身の緊張度合いと比較してみてください。相手の顔や目を見た時と、相手の表情や目つきを見ない時、ご自分の中にわきあがってくる感覚は別物、だと思います。相手の顔色を見ない時は、刺激(他人の顔や表情は強い刺激です)に自分が反応しないので身体はゆるみますが、その一方で「見なくてはいけなかったのではないか」「社会人としてのマナーを外してしまった」という自分の中の「モラル厳守」の人格が暴れ始めます。それを感じられるでしょうか。

ここで試してみていただきたいのは、その湧いてくるであろう罪悪感までも「込み」で、目を逸らすということです。相手の顔や目から目を逸らして頼んだときのあなたは、いつものように目を見て頼むときと比べて、頼みやすいと思います。

AUTHOR

時田ひさ子

時田ひさ子

HSS/HSP専門カウンセラー。繊細で凹みやすいが同時に好奇心旺盛で新しいものへの探求欲が旺盛なHSS型HSPへのカウンセリングをのべ5000時間実施。講座受講生からのメール、LINEのやりとりは月100時間以上。著書に『その生きづらさ、「かくれ繊細さん」かもしれません』(フォレスト出版、2020年)がある。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する