【肌も若返る!腸活レシピ】GWのおうち時間に♡おからパウダーでかんたん鯉のぼりティラミス

by YOKO

【肌も若返る!腸活レシピ】GWのおうち時間に♡おからパウダーでかんたん鯉のぼりティラミス

陽子
陽子
2021-04-17

今回で連載7回目となる「植物性100%&グルテンフリーのやさしいお菓子」。甘いものは、なかなかやめられない誘惑に満ちたものですよね。コロナ太りも気になるけど食べたい! こちらでは、罪悪感どころか積極的に食べて欲しいギルトフリースイーツを、お菓子&ピアノ教室【ピアノスイーツジューンベリー京都】が連載しています。全て、卵、乳製品、小麦、白砂糖を使わないヴィーガン&グルテンフリー。獣医師で栄養学講師でもある私が、医師と連携して【簡単!食べてきれい、健康になれる魔法のスイーツ】をお伝えします。3人子育てママでもあり、手軽さと栄養を重視!是非お試しください。

5月も目前となったこの土曜日、ゴールデンウィークに入られている方もおられるのでしょうか。各地で鯉のぼりが立ち上り、可愛くてなんだか元気も出るような風景。

急に暑くなってくるこの季節でもあるので、今回はそんな鯉のぼりをイメージした、ひんやり冷たいスイーツををご紹介したいとおもいます。おからパウダーを使うことで、面倒なヨーグルトの水切りも不要。

いつもながらシンプルな材料で、ズボラさんでもできちゃいます。華やかな盛り付けも、どうぞ参考になさってくださいね。

おからパウダーはエコ!

Photo by <a  data-cke-saved-href="https://unsplash.com/@thomaskinto?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditCopyText" href="https://unsplash.com/@thomaskinto?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditCopyText">Thomas Kinto</a> on <a  data-cke-saved-href="https://unsplash.com/s/photos/soy?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditCopyText" href="https://unsplash.com/s/photos/soy?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditCopyText">Unsplash</a>
大豆/upslash

おからは、豆腐を作る際に茹で大豆を絞った後に残る搾りかす。こちらは「生おから」とも呼ばれます。それを乾燥させ、粒子も細かくしたものが、「おからパウダー」。生おからが賞味期限2~3日と短いのに対して、パウダーは数ヶ月保存できます。

余るから生おからは買わないという方も多いのではないでしょうか。私の料理教室でも、おからは煮物以外の使い道がわからないという方がとても多いです。栄養満点なのに、売れずに大量に廃棄されているという現実。食料廃棄物を減らすことは大きな課題ですよね。おからパウダーを活用することで、食品ロスを少なくしてみませんか。

楽しく美味しく「ロカボ」しよう!

おからパウダー
おからパウダー/写真AC

おからパウダーは糖質オフなのに、食物繊維とタンパク質が豊富。おからパウダー100gあたりの糖質は約6g。

小麦粉100gあたりの糖質は約73g、米粉は81gなので、代わりにおからパウダーを使うと糖質をかなりカットできることになります。糖質オフをしたい方にとって、おからパウダーはとてもありがたい食品なのです。

おからパウダーは、なんとその約半分が食物繊維。満腹感が高い上に、腸の蠕動運動を促し便通改善と大腸がん予防につながります。また、大豆オリゴ糖が善玉菌のエサとなり腸内環境を整えてくれるので、「腸活」にぴったり。

今回は豆乳ヨーグルトの植物性乳酸菌と共に食べることで腸活をパワーアップさせたいと思います。大豆たんぱく質には、中性脂肪を減らす役割も研究で示されています。他にも、サポニンを含み脂肪の燃焼を促すなど、ダイエットに最適なことがわかりますね。

何より、最初に大豆を茹でている時点で加熱済みなので、そのまま手軽に食べることができる点は最大の楽ちんポイント。楽してきれい、健康になれるパウダーを使った魔法のレシピです。

AUTHOR

陽子

陽子

獣医師であり栄養学講師。京都市在住。【ピアノスイーツジューンベリー京都】として体と地球に優しいヴィーガン&グルテンフリーお菓子・パン教室を発信。ピアノ指導も併設。植物性の材料のみで作るやさしいお菓子レッスンは、オンラインでもプライベートで丁寧なところが人気のヒミツ。3人子育てママでもあり、医師と協力して開発するお手軽レシピは【食べてきれい、健康になれる魔法のスイーツ】。京都ならではのお豆腐やおから、抹茶スイーツなどが得意。オートミールや発酵食品も取り入れ、家庭的な【総合栄養スイーツ】を次々と考案。衣食住にこだわりフェア、オーガニックでナチュラルな生活を実践している。お子様も気兼ねなくどうぞ。※ピアノスイーツジューンベリーはサスティナブルな教室として国連の掲げるSDGsに取り組んでいます。~簡単でおいしいレシピが知りたいと思ったら~公式LINE→https://lin.ee/wIP5cbT または@052buxlrで検索、mail:piano.sweets.juneberry@gmail.com

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Photo by <a  data-cke-saved-href="https://unsplash.com/@thomaskinto?utm_source=unsplash&utm_medium=r
おからパウダー
鯉のぼりティラミス by YOKO
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する