旬の春野菜を美味しく摂ろう!ダイエット中のおやつにもぴったり◎【春野菜の大豆粉ビスケット】

photo by YOKO

旬の春野菜を美味しく摂ろう!ダイエット中のおやつにもぴったり◎【春野菜の大豆粉ビスケット】

陽子
陽子
2021-03-20

今回で連載5回目となる「植物性100%のやさしいお菓子」。甘いものは、スイーツ好きにとってはやめられない誘惑に満ちたものですよね。コロナ太りも気になるけど食べたい! そんな罪悪感を吹き飛ばしてくれるギルトフリースイーツを、パン・お菓子&ピアノ教室【ピアノスイーツジューンベリー京都】が連載。全て、卵、乳製品、小麦、白砂糖を使わない栄養満点ヴィーガン&グルテンフリー。獣医師、栄養学講師でもある講師が、専門家ならではの知見を取り入れ、医師と連携して【簡単!食べてきれい、健康になれる魔法のスイーツ】をお伝えします。自身も3人子育てママ。手軽さと栄養を重視!是非お試しください。

こんにちは。暑いくらいの日差しも届くようになったこの春。それでも朝晩は予想以上に冷え込みます。卒業や引っ越しなど新たな門出も控えるこのシーズン、体調管理とあわせて美容にも力を入れたいですよね。

今回は健康と美を維持するのに欠かせない、春野菜を使ったお手軽お菓子のレシピをご紹介いたします。全部食べても糖質わずか15gという、粉類も砂糖も不使用で糖質オフ、たんぱく質&食物繊維はたっぷりです。

今が旬!女性に嬉しい春野菜のパワー

どの家庭の食卓でも欠かせない野菜である、玉ねぎと人参。一年を通して手に入りやすく、常備されている方も多いのではないでしょうか。これらの旬は、4~6月とこれからの季節。自然と甘く美味しく、栄養価も高くなります。

そんな春野菜である玉ねぎと人参を取り入れた春色ビスケットのレシピをご紹介!

pakutaso
pakutaso

玉ねぎは、美肌や筋肉疲労回復にも良い?

玉ねぎは血液サラサラで有名ですが、どんな栄養素が含まれているかはご存知でしょうか。

特に大切なものは、「硫化アリル」と「ケルセチン」。

「硫化アリル」はファイトケミカルの一つで、切った時に目が染みてしまう要因でもあり、ニンニク、わさび、ニラやらっきょうなどにも含まれます。その血液凝固抑制作用により、血栓予防や動脈硬化を防ぐということだけでなく、血流を良くして体を温め冷え予防や肌の状態も良くしてくれるという優れもの。

さらに、硫化アリルにはビタミンB1の吸収を高める上、体に長く留めさせる働きがあります。ビタミンB1は糖質を効率的にエネルギーに変えてくれるので、ダイエットや筋肉などの疲労回復にも役立ちますよ! 

もう一つの「ケルセチン」はポリフェノールの一種。抗酸化成分であり、体内で毎日発生する活性酸素を除去し、美肌効果や発がん抑制が期待できます。また、高血圧患者の血圧を下げたり、認知症予防にも効果があるという研究が進められています。皮により多く含まれるので、ミキサーなどお持ちの方は、皮もよく洗って粉砕して混ぜ込んでみて。

ニンジンで、錆びない身体を

pakutaso
pakutaso

お野菜の中でダントツでカロテンを多く含む人参。その量、同じオレンジの野菜でもカボチャの2倍以上になります。カロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換され、視力回復やアンチエイジングに効果的。

生食ではなく、油分と一緒に摂ることで吸収を高めましょう。

【春野菜の大豆粉ビスケット】

春野菜の大豆粉ビスケットby YOKO

材料(直径2.5cmほどの型30個)

・大豆粉・・・40g
・ココナッツファイン・・・40g
・豆乳・・・30g
・野菜のみじん切り・・・40g(玉ねぎ20g+人参20gを細かく)
・オリーブオイル・・・10g
・塩・・・2〜3つまみ(2〜3g)

作り方

1.上から全てボウルの中でよく混ぜる
2.ぎゅっとまとまるくらいになれば、麺棒で3ミリほどの厚さに伸ばし、型を抜く
3.予熱済みのオーブン170度で30分焼く

※オーブンの癖により、160〜170度で焼き上がりに野菜の色が綺麗に出るよう調整してください。焼き上がり後しっかり冷ますとサクッとします。コショウをたしてもOK

値段も手頃で、日持ちもする玉ねぎと人参。お料理のついでにみじん切りを取り分けて、おつまみにもなる春野菜ビスケットはいかがでしょうか。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

AUTHOR

陽子

陽子

獣医師であり栄養学講師。京都市在住。【ピアノスイーツジューンベリー京都】として体と地球に優しいヴィーガン&グルテンフリーお菓子・パン教室を発信。ピアノ指導も併設。植物性の材料のみで作るやさしいお菓子レッスンは、オンラインでもプライベートで丁寧なところが人気のヒミツ。3人子育てママでもあり、医師と協力して開発するお手軽レシピは【食べてきれい、健康になれる魔法のスイーツ】。京都ならではのお豆腐やおから、抹茶スイーツなどが得意。オートミールや発酵食品も取り入れ、家庭的な【総合栄養スイーツ】を次々と考案。衣食住にこだわりフェア、オーガニックでナチュラルな生活を実践している。お子様も気兼ねなくどうぞ。※ピアノスイーツジューンベリーはサスティナブルな教室として国連の掲げるSDGsに取り組んでいます。~簡単でおいしいレシピが知りたいと思ったら~公式LINE→https://lin.ee/wIP5cbT または@052buxlrで検索、mail:piano.sweets.juneberry@gmail.com、instagram:@piano.sweets.juneberry、HP:ピアノスイーツジューンベリー

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

pakutaso
pakutaso
春野菜の大豆粉ビスケットby YOKO
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する