臨床心理士が音声SNS「Clubhouse」を使って考えた「自分を守るSNSとの付き合い方」

Adobe Stock

臨床心理士が音声SNS「Clubhouse」を使って考えた「自分を守るSNSとの付き合い方」

南 舞
南 舞
2021-02-15

「SNS疲れ」「SNS鬱」など、新しいSNSが登場するとそれに対するネガティブなワードをよく耳にしませんか?最近巷では音声配信SNS【Clubhouse】というSNSが登場し、話題になっていますね。筆者にも招待が回ってきたので、せっかくだからと色々と試してみました。その中で見えてきた想いや感想をお話しします。

仲間同士の支え合いの場所になる

これまでのSNSは文章や写真、あるいは動画に対してコメントなどをすることでつながるものが多かった中で、Clubhouseのように音声でダイレクトに相手と繋がれるSNSというのは珍しいのかもしれません。実際にやってみると、普段はSNSのつながりのみで、直接お話ししたことがない人のリアルな声が聞けることで、人となりや雰囲気をより理解することができたり、他のSNSではつながることができなかった方と知り合えることで「こんな世界もあるんだ!」という自分の中に新たな世界が広がるというメリットを感じました。また、興味のある部屋に入ると、自分と似た価値観を持つ人や、同じ境遇、例えば、育児真っ最中のママやパパ、普段は1人で働くことが当たり前のフリーランスなど、自分の境遇と近しい人とつながることもできます。そういった場では、ある人が自分の持っている悩みを共有すると、それに対しての別の人が対処方法をアドバイスしてくれるなど、心理学やカウンセリングでは【ピア・サポート】と呼ばれる現象が起きていると感じました。ピア・サポートとは、専門家によるサポートではなく、同じような境遇にある人や仲間同士の支え合いにより、問題を解決していく姿勢のことを指します。これはClubhouseに限ったことではなく、他のSNSでも同じことが言えると思いますが、そういった意味合いで使われていけば「悩んでいるのは自分だけじゃないのかも」「また明日から頑張ろう」と思える、心の休憩所的な役割を果たしてくれるのかもしれません。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Clubhouse
SNS 疲れ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する