意外な盲点!日常生活に潜む「いつの間にか太ってしまう」要因とは

Adobe Stock

意外な盲点!日常生活に潜む「いつの間にか太ってしまう」要因とは

君嶋瑠里
君嶋瑠里
2021-02-16

食事にはいつも気をつけているし、運動も定期的に行っている…。それでも体型は太る一方だという人は多いのではないでしょうか?自分では意識していなくとも、知らず知らずのうちに高カロリーの食事をしてしまっていたり、その他どこかで太る原因を作ってしまっています。今回は、よくありがちな日常生活に潜む太る原因について紹介します。

飢餓状態はダイエットの大敵!

夜遅い食事は太る?

仕事の関係で夕食を食べる時間が夜遅くなってしまうという人もいるかもしれません。しかし、夜遅くの食事は太ってしまう原因となりえます。私たちの体にはビーマルワンという時計遺伝子があり、これが時間帯によって増減し、食事で脂肪が蓄積しやすい時間帯と脂肪が蓄積しにくい時間帯とに分かれてしまうのです。朝から14時くらいまでが太りにくく、それ以降の食事からは太りやすいといえます。また、昼食から夕食までの長時間にわたって空腹状態でいる場合、必要な時にすぐに使えるエネルギーがないため体が飢餓状態となってしまいます。飢餓状態になると体はより脂肪を貯め込もうとしてしまうため、太りやすくなってしまいます。

朝ごはん抜きは太る?

上記で述べた体が飢餓状態となる原因は朝の欠食でも考えられます。朝ごはんは食べないという人も多いかもしれませんが、朝食事をせずに長時間空腹でいると体は当然ながら飢餓状態となり、次のお昼の時間に沢山食べて、結果食べ過ぎてしまってより太ってしまう可能性が高いです。

ダイエットのためには…

朝欠食しているという人は、なるべく朝ある程度の食事をして体を飢餓状態にしないことをおすすめします。また、どうしても夜食事が遅くなってしまうという人は、夕食を一気に遅い時間に食べるのではなく、一食分を分食してなるべく空腹時間が長くならないようにしましょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する