体が硬い人がいきなりストレッチするのは逆効果?ストレッチやヨガ前に行うべき3ステップ

Adobe Stock

体が硬い人がいきなりストレッチするのは逆効果?ストレッチやヨガ前に行うべき3ステップ

須藤玲子
須藤玲子
2020-11-24

「ヨガは体が硬くてもできる!」と言うけれど、ガチガチに固まったままでは、なかなか本来の効果や心地良さを感じられないものです。また、ウォームアップでストレッチをしても、なかなか柔らかくならない…。そんな時には、もう一つ手前の準備が必要かもしれません。ガチガチに固まった体を緩めるためには、どんなことから始めればいいのでしょうか?ヨガをする前、ストレッチをする前にやっておきたいことをまとめてみました。

気づくことから始めよう

柔軟性の高い人は、上手に筋肉の緊張を解き、体の力を抜くことができるタイプ。逆に体が硬い人は、余分な力が入りやすく、緩めることが苦手なタイプと言えるでしょう。自分では力を抜いているつもりでも、実は力んで力を抜けない人は意外と多いものです。ヨガをしている時に「肩の力を抜いて!」と言われるまで気づかない…。リラックスしているつもりでも、「リラックスして!」と言われてしまう…。そんなこともあるあるですよね。まずは、必要以上の力が入っていること、力みやすく緊張を解きにくいタイプだと気づくことが大切ですね。

筋肉を緩めるための準備をしよう

力を抜くことが苦手な人は、自然に筋肉が緩むようなステップを踏んであげるといいでしょう。ヨガやストレッチをする前だけでなく、体の緊張が気になった特、力が入りすぎていると気づいた時にはいつでもやってみて!

ステップ1:温める

緊張を解く第一歩は、温めること。ボディマッサージをする前にフットバスに入るのも、お風呂上がりのストレッチが効果的と言われるのも、筋肉の緊張を解き、リラックスするためには温めることが重要な要素だからです。力が入りやすい人はまず体を温めることからスタートしましょう。常温のスタジオやジムでは、温めてから体を動かすことは難しいかもしれませんが、常に体を冷やさない意識を忘れずに!服装や小物類で自分なりの工夫をしましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する