【薬物中毒、母の死、事故による片脚切断…】ヨガに出会い「僕から自信を奪ったもの」を許せるまで

Robert Sturman

【薬物中毒、母の死、事故による片脚切断…】ヨガに出会い「僕から自信を奪ったもの」を許せるまで

ひざ上で脚を切断した彼は、許しの心とヨガとともに全力で日々を生きている。

5月下旬の爽やかな午後、スティーブン・メディロスはカリフォルニア州バークレーにあるボルダリングで人気の高いインディアン・ロック・パークの岩だらけの頂上に立ち、サンフランシスコ・ベイエリアのスカイラインを見渡していた。 デニムジャケットを肩にかけ、顔に風を受ける42歳の彼は、UCバークレーの学生というよりも映画の登場人物やGQ誌の表紙モデルのようだった。25歳の時にバイクの事故で左脚を失ったメディロスは、夏にハワイで開催される米国自由人権協会のスマート・ジャスティス・キャンペーン運動(刑務所の収容人数の削減と、検察の説明責任を求める全国的な刑事司法への取り組み)に従事するために、数週間後にはホノルルに向かう。警察の説明責任と刑務所改革を擁護するアクティビストとして、メディロスは国内ランキング上位のUCバークレーのゴールドマン公共政策大学院で学びながら修士号取得を目指し、現状のシステムや構造の見直しを支援することにより、内側から変化をおこそうとしている。

スティーブンがどのように複雑性トラウマから回復したのか、YJのポットキャスト「The Yoga Show」で聴いてみよう。

Robert Sturman
Robert Sturman

ラテン系とハワイアンの血をひくメディロスは、有色人種や貧困層の人々に対するアメリカの刑事司法制度の圧政や不当な扱いを目にし、実際に経験もしている。人種的に多様なベイエリアのフリーモントで育ちながら、幼い頃から地元警察によるハラスメントにさらされてきた。シングルマザーで薬物中毒だった母親は、彼がわずか4歳の時に麻薬犯罪で投獄された。父親とは縁を切っていたため、彼は父方の祖父母のもとで育てられた。 その8年後、母は刑務所から出所してすぐに殺されてしまった。イースト・オークランドのファストフードレストランでの仕事帰りにトラックにはねられたのだった。事件は未解決のままだが、母がトラックに追いかけられてたという目撃証言もあり、意図的な犯行とみられている。思春期を迎えていたメディロスへの影響は計り知れなかった。「それからの9年間は、あらゆる悪事に手を染めながら、トラブルメーカーやギャング、家庭崩壊で似たような境遇にいる仲間と付き合っていた」と彼は言う。

その当時の法執行機関の対応が、彼を今のキャリアへと導くきっかけになった。彼が21歳の時、パトロールによる職務質問を受けた際に警察官からタイヤレバーで暴行されたのだ。 22歳の時は、酒を一滴も飲んでいないにもかかわらず「ダウンタウンの黒人」という人種主義的なレッテルで、公然酩酊罪で逮捕された。「そのとき初めて、自分は弱者で無力だと思い知ったんだ」と彼は言う。

あれから20年、彼は他の人々に自分と同じ思いをさせたくないという決意で政策大学院に通いながら、警察と検察の説明責任、大量投獄、前科や犯罪歴のある人々の社会復帰問題に情熱を傾けている。大学院に入る前も北カリフォルニアの米国自由人権協会の組織部門でプログラムコーディネーターを務め、現在はアラメダ郡の郡政委員として地元の囚人たちの社会復帰後の問題改善に取り組んでいる。

Winni Wintermeyer
Winni Wintermeyer

By Lindsay Tucker
Translation by Sachiko Matsunami

AUTHOR

ヨガジャーナルアメリカ版

ヨガジャーナルアメリカ版

全米で発行部数35万部を超える世界No.1のヨガ&ライフスタイル誌。「ヨガの歴史と伝統に敬意を払い、最新の科学的知識に基づいた上質な記事を提供する」という理念のもと、1975年にサンフランシスコで創刊。以来一貫してヨガによる心身の健康と幸せな生き方を提案し続けている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

Robert Sturman
Winni Wintermeyer
Winni Wintermeyer
Winni Wintermeyer
Winni Wintermeyer
Winni Wintermeyer
Winni Wintermeyer
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する