目の疲れやストレス不調を解消! ココロとカラダを整える"食べる瞑想"をやってみよう

Adobe Stock

目の疲れやストレス不調を解消! ココロとカラダを整える"食べる瞑想"をやってみよう

佐藤 舞
佐藤 舞
2020-10-25

これまでと違う"新しい生活スタイル"による生活のリズムや働き方の変化に対応できず、不安や疲労感を抱える人も増えてきているようです。日常生活で取り入れやすい、疲れを緩和してくれる食べ物や、ココロとカラダを整える"食べる瞑想"をご紹介します。

疲れを感じていませんか?

昨今、外出自粛や在宅勤務によるスマートフォン・ パソコンの使用時間の増加によってオンラインを活用した「新しい生活様式」へ変化し、孤独感やストレスを感じたり、目の疲れによる不調を抱える人が増えているようです。長時間のパソコンワークが続くと、頭の芯の方が重く、疲れを感じるようなことがありますよね。脳に送られる情報の約80~90%は視覚によるもので、脳の働きの多くは「見る」ことに費やされるため、目の疲れが脳の疲れにとってかわるようになり、頭痛や肩こりを引き起こしやすくなります。日常のなかで、さまざまな我慢や不安を抱えてストレスフルになっていませんか。そんな時こそ、ココロとカラダの疲れを解消していきましょう。

眼の疲労緩和をサポートする食べ物は

私たちヒトは、日々、紫外線や活酸素からダメージを受けますが、食べ物から体内に抗酸化成分をとりこむことによって酸化ダメージから身を守っています。植物は紫外線や外敵から身を守るために、抗酸化物質を作り出す力を自然とそなえています。そこで、眼の疲労を緩和する機能を持つ食べ物を取りいれていきましょう。

まず、おすすめな食材は、ブロッコリーです。ブロッコリーは、ブルーライトなどの光から目を守り、コントラストの感度をあげてくれる"ルティン"を含んでいます。また、目の粘膜を作る働きのあるビタミンCや目の粘膜の機能を保つビタミンB2、ビタミンAなど、目によいと言われている栄養素が多く含まれています。

ブロッコリー
photo by Adobe Stock

次におすすめな食材は、アントシアニンというポリフェノールを含むブルーベリー、紫芋、黒豆です。アントシアニンというポリフェノールには、網膜に栄養を運ぶ毛細血管の働きをよくして、疲れ目や視力の低下予防が期待できます。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ブロッコリー
目の疲れやストレス不調を解消! ココロとカラダを整える"食べる瞑想"をやってみよう
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する